Category : コラム

Music Messe in Frankfurt 2018

ミュージックメッセ 2018 単なる航空券の都合と安いホテルを探していたら、間際になってやっぱり今年も前日入りとなりました。 例年同様、メッセは水曜日から始まり土曜日まで開催、時間も10時スタート、18時エンドのスケジュールで、場所も同じところ。前回もそうでしたが、会場の範囲は8~11番ホールはドイツ鉄道Sバーン「メッセ駅」の西側。東側のメッセタワーの方は「プロライト」といって新たなイベントが行われているようですが、(うわさによると)従来のメッセとは全く別ものらしく、入った事はありません。 駅から西側に向かい、通路右手が8番ホール、反時計周りに9、10、11番となり、それらが囲む中広場に屋内仕立てのイベントスペースとなってやっぱり同じ。このままだと、前回同様会場の説明をして終わりになりますから、今回はいくつかピックアップしてリポートしてみましょう。   ヤマハのコーナー、アコースティック、デジタルに限らず置けるものは全部おいてみた!という勢いで、デモンストレーション用ステージも三つ、各展示コーナー(ドラムやギター、特にデジタルピアノ)でのヤマハ担当者におけるプレゼンテーションが注目度も高く、次々と機能が飛び出しチラ見にも立ち止まって見入ってしまいます。中でもドライブシュミレーター(レーシングゲームですが…)がアトラクション的にも素晴らしく、見ているだけでも夢中になってしまうほど。(おまり公にはなっていませんが、こういったところからの現在実験段階である自動車の自動運転技術が相当進んだところにあるらしいそうです)映像、音響、体感等、傍らでいるとやってみたくなるような完成度の高さです。 今年はMOTO GPのレーシングバイクはいませんでしたが、テナーサックスの特注品が管楽器コーナーの片隅にさりげなく展示。 ギターとドラムの殿堂―(ドラム)セットだけでもライド、ハイハット、バス、タム、…などこんな調子なので全部と言うとどれだけのブースがあるのか想像がつかない。あちらこちらのコーナー毎に試奏コーナー、ところどころではゲスト招いてのセッションが行われ、白熱すればやっぱり人々を集める。   前回もあった黒い箱、「ドラムキャンプ」、と言う名の十畳程度の屋内スタジオ(防音室)。主にドラムのデモ演奏をするらしいのだが、今回はこれが増殖し、いろんな形でデモンストーレーション。『これが「見ようによっては…」面白い…』と前回は書いて終わったのだが、今回は無謀にも見学―してみた。結論からいうと「それ自体」は自分にとっては「次は無いな」ということです。まあ普通じゃない!耳は遠くなる年齢だが、それにしても尋常じゃあない、野外コンサートの巨大ウーファの目の前で聞いてるのと同じで、慣れるにも限度がある、「魔がさす」のを待つ方がよさそうで、外国人の興奮?とは全く違った、解放時の静寂感は今までに味わった事のない爽快感だった。さきほど「それ自体」と言ったが、それ以外の部分というのがおもしろい。管楽器専門店だからドラムに詳しいわけではないが、リズム楽器というだけでなく、セットをバンドとして考えている点だ。従来ならハイハットがあるところにパソコンを置き、音楽を流す、スティックでセットのあちこちに付いたをセンサーを触るといろんな形で変えることができるというものだ。 コンピュータで音楽を作るのは最近の主流なので、それ自体は珍しい事ではない。鍵盤楽器などその代表的なもので、シンセサイザーのイメージがあるのはそのためです。しかしその変わり方のスピードと方向性がハードで、先ほどのドラムなど本来はソロで演奏を考えた事もないのだが、その根本を覆すようになっているのが最近の音楽作り(演奏)かもしれません。 そのホールを出たところにオープンカフェやレストランが店開き、その中庭を横切った向かい側が9号ホール、専門外ですがここからが相当面白い。一階がアナログ、エレクトリックを問わずピアノ等の鍵盤楽器、本来なら「癒し」のコーナーと言いたいところ…、あっちこっちでヘッドホン、サイレントピアノのオンパレードで時代の流れとは言え、傍から見るとパタパタと乾いた音がしてやっぱり変な感じ。でも同じく音を出さない(弾いてない)のなら、この楽器の存在感はものすごい”Steinway”!(だからと言って語るほどスタインウェイのことなど知らないのだが…)小さなブースが並ぶ アコーディオンだって負けちゃいない。昔ながらの伝統製法と芸術的細工も目を引きますが、RHで旋律、LHでオケの部分を演奏していたチャイコのバイオリンコンチェルトなんぞは、マシン(エレクトリックアコーディオン)もさることながら、打ち込みかと思わせるほど演奏者が芸術的!   その二階はエフェクター、ミキサー、コンピューティングミュージックプロダクターなどの展示ブースがありますが、見るだけではさっぱり解らない。ならばと「パワーポイント」で説明をしている一角に足を止めて聞き入りますが、今度は言葉がわからない。(なんじゃらほい!)そんな熱い会場を抜けると一番はじめに出てきた通路(8号ホール横)となり一周です。 これを2日程度の日程で回りましたが、管楽器以外のところで遊んでいると、使い慣れていないのでなんだかんだと時間が経過し、そんなふうにメッセ全体を過ごすなら適度な開催期間かなって思ってもみます。(もちろん専門の管楽器だけで言うと全く物足りませんが…) 今回はちょっと淡泊ですが、ここまでです。この後知人に会うべく北の方にに移動しました。ではまた来年(行ければですが…

続きを読む

Musik Messe in Frankfurt 2015

ミュージック メッセ イン フランクフルト その1 最近…、といってももう2ヶ月前の4月半ばのことになりますが、フランクフルトのミュージックメッセに行きました。前に行ったのが数年前、久々のドイツ行きにちょっと興奮。 日本を午前に出発の便で現地へは午後、早着だったのでとりあえず会場へ。午後3時頃の入場でチケットセールスもガラガラです。通し券を買って(今回は使用していない正面建屋を通過、メッセタワーの隣に正面建屋(入口)があります)地図を見ながら管楽器メーカのブースへ向かいました。  第3ホール  メッセタワー (5~6つの建物を使っているのですが、以前に比べると全体的には規模が縮小、先ほどの正面建屋は以前、管楽器やピアノが1階、2階をつかっていたところですが、今回は使われていません。) 閉館までにはあまり時間がないので、足早にザラっとみるだけ。管楽器以外のブースの場所も確認し、会場をあとにしました。  内部  今夜の泊まりはフランクフルトから快速で40~50分の小さな街のホテルを予約。 駅に近くて朝食付き、一泊7500円程度です。 メッセの開催時期でなければフランクフルト辺りでもそれぐらいでありますが、この期間の料金はそのざっと3~4倍、メッセ料金の上、周辺でもかなり込み合います。当初はマインツに泊まって「ブンデスリーガ岡崎の試合を見る」っていうのも考えましたが、ホーム試合がないのと予約が遅すぎて手ごろなホテルが無いので断念しました。 チェックインの後、ギリギリ開いていたホテル近くの"Nord See"で夕食のサンドウィッチと飲み物をゲット!明日にそなえて早めに就寝です、では Gut Nacht!(続く) ミュージックメッセ イン フランクフルト その2 滞在2日目、朝は朝食からはじまります。 ごらんのとおり、これを無くして一日は始まりません。    昨日は正面(東側)からでしたが、今日は反対側の「メッセ駅(西側)」からの入場しました。昨日とはうって変ってすごい込みよう!エスカレーターを降りて右手の第4ホールを通過し、奥側の建屋1階(第3ホール)が管楽器エリアでそこから訪問。昨日の印象どおり出展ブースはかなり少なめ、ブース自体が小さくなったところが多いようです。 ざっといって前回訪問時(5~6年前)との違いは、(Barカウンターのようなブースを構えた)バンドレンや(同じく)BGは見当たらない。3~4スパンくらいのスペースを取っていたセルマーやレストランのような商談ブースを構えたカイルベルス、コルトワ、ベッソンのクランポングループのブースも残念なことにありません(ジュピターも無かったような…?)。空きスペースが増えた分、壁側の仕切りを手前側に出したり、(空きスペースを利用した)オアシスが新たにスペースを埋めているようではありました。 縮小だの統合だので以前から展示(ブランド)自体が減ってきてはいましたが、やっぱり思ってた以上に大きいよう。その傾向は管楽器だけでなく、弦楽器、パーカッション、ピアノ、LM系機材も例外ではありませんでした。   でも少なくなったからいってマイナスばかりではありません。 未出店は残念ですが、一度にたくさんの楽器が見られるのは、こういう機会でもないと滅多にありません。Tp、Trbをはじめ、Ob,Fg,Tu、変わった特殊管などは特にそう、「この際…」だからと熱が入ります。        それから少なくなった分、移動が楽(といっても建屋自体の大きさはドーム球場並みで3階建、初めての訪問時には全部を回れずヘロヘロだった)になります。新たな出展、新製品の試奏、また担当者に直接話を聴いたりする時間が多めに取れる(時間が掛かる)ので、ある面では今まで最も濃い時間になったと言えます。 さて管楽器以外のところをぶらぶらしていると、お!バグパイプ! 商業的には無縁でも個人的には興味津々、用事もないのにプレゼンターに話しかけてみた。すると彼は最初はまじめに説明してくれていましたが、何かの拍子に違う方向へ。その彼はトランペットプレーヤーらしく「おれはテーラー(懐かしい楽器!)を持ってる」とか「〇〇のTPはチープで話にならない!」とTpに関して熱弁を振るってくる。…で、盛り上がったところでサンプル片手に身を乗り出し「練習用のセットをまとめて買うといくらにする」とか「今なら本体をいくらにする」と最後は上手に誘ってきます。乗っかるともっと盛り上がるのですが、今回はあいにくその気がない。丁寧にお断りすることにしました。 その後もギブソンだのジルジャンだのを冷やかしながらこの日は閉館までたっぷりと滞在…。充実の一日と言いたいところですが、偶然にも昼間、知人に遭遇、ディナーの約束を取り付け、その時間調整もあってギリギリまでネバッたのでした、それではまた、プロースト! ミュージックメッセ イン フランクフルト その3 滞在3日目、今日は最終日です。 昨夜は楽しい宴でしたが、帰る電車を危うく乗り間違えるところでした。 さて、滞在も3日目、本日は荷物を持ってフランクフルト市内のホテルに移動、そこから会場に向かいます。ですが、その前に昨日見学した他のホールことも超早送りでレポートしておきます。 管楽器メーカと同じ建屋(第3ホール)の中の隣が、ドラム系のスペース。ジルジャン、ラディック、セイビアン、マイネル、など一流メーカのセットやシンバル、スネア、タム、スティック、etcがずらりと並んでるところ。   そこ(その建屋)から時計回りに、隣にあるのがギターの第4ホール(もちろん2階も使っています)、さらに時計回り(先ほどの第3ホールの向かい側)に第5、第6ホールと続いてこれらの1階が本体付属品を含めてピアノの展示(でも相当減ったように思いました)とマイクやミキサー、などPA機材のコーナー。 コンピュータを使った(駆使した)エレクトリックマシーンの展示でプレゼンと実演を行っている、「音楽」と「騒音」が紙一重と思える空間なのが先ほど上階。そこを出てから通路を左手に行くと1日目に通った第1ホールに到着し、これでほぼ一周です。 先ほどの通路を左ではなく、右に取ると0(ゼロ)ホールとなって、ここが全部ヤマハさんの展示場。そう学校の体育館程度の大きさですが、ここにピアノ、パーカッション、ギター、管楽器のYAMAHA製品をすべて展示(昔MOTO GPのバイクまで置いてあった)、小さなライブステージもあって、その展示規模はぶっちぎり!!です。(1話目のメッセタワーが写る、手前の白いラウンドルーフがそうです)  ピアノ   右奥が管楽器 そのヤマハさんのブースを中庭に出てから左手のに、最初の第3ホール(1話目の第3ホールの写真)がありまして、そこに戻って待機していたのが、昨日の終わりのことです。{あと余談ですが1話目の第3ホールの手前に写る白いテントがライブ会場です。この中でのヴォリュームがすごい!一番前で聞いていたら人間が壊れるかも?} 話を元に戻すと、この日がメッセの最終日。土曜日とあって学校や会社が休みのこともあり、すごい人出です。昨日と同じ第3ホールに行ってみましたが、歩くのも支障を来たすくらい、どこのブースも試奏や接客、記念撮影でごった返し、ゆっくりと見て(写真撮って)いられません。 見たいところは(昨日までに)既に訪問しているので、カットしても構わないのですが、もう一度確認してみたいところを人の途絶えたタイミングで最訪問。変わった楽器など、せっかくなので試奏をしている方のそばで拝聴させて頂きました。 コントラバストロ  音より使う場所は?  キー付きの金管楽器 マウスピースや部品の展示もあるのでそれらのブースを覗いて話し込んだりしていましたが、益々増える人ごみに耐えかねて上階に退避。 しばし休憩のあと、昨日、知合いになったバイオリン製作のマイスターを訪問。軽いおしゃべりをして、今回のメッセ訪問は終了です。 昼食は軽くソーセージとビールです。結構有意義なドイツ訪問でした。

続きを読む