Category : Used

普通はピッコロトランペットと言いますが

メーカ名:H Selmer 型式・仕様:365B・Picc TP/SP セルマーは、言わずと知れたサックスのトップブランドであり、近年は特にそのイメージが強い。かつてはピストンとローターバルブの混在した変わったホルン、「ミッドシップ」的特異なシルエットだったバランスドモデルやKモディファイなどのオールドものから近年の"CHOLUS"や"CONCEPT"など目立たぬところで金管のラインナップがあったことを覚えている方も少なくないだろう。 セルマーのピッコロトランペットと言えばオールドファンに懐かしいM.アンドレ。バロック音楽の可能性を世に知らしめたプレイヤーであり、契約解消によりストンビに替わるまでモデル360を使っていました。 モーリスアンドレを知っても知らなくてもスゥートでヨーロピアンサウンドが、このトランペットの魅力な部分だが、セルマーは2011年に金管楽器全般を廃版、身近に「通な」一品が味わえなくなったのが残念なところです。 365Bは360の後継機種、前モデルよりトリガーキイや替え管などが付属。金管アンサンブルなど一般的にはB♭管としての使われることが多い事からそのイメージが強いが、A管トランペットとしての価値も捨てがたく、M.アンドレのバロックとは言わないまでも古い時代のクラシックなものを小規模なオーケストラとかで(指揮者が許せば、もしくは無視して)使ってみたら新たな(密かに)楽しみが増えることだろう。 めったに出ないであろう(金管)製造の終わる晩年の製品でA管用の替管付き、二番管に触るとわかるキズ状の凹み(修復痕)がある他には、これといったダメージがなくシルバーのまぶしい美品。 税込販売価格¥198000です。

続きを読む

ヨーロピアンサウンド セルマーピッコロトランペット

メーカ名:H Selmer 型式・仕様:365B・Picc TP/SP セルマーは、言わずと知れたサックスのトップブランドであり、近年は特にそのイメージが強い。かつてはピストンとローターバルブの混在した変わったホルン、「ミッドシップ」的特異なシルエットだったバランスドモデルやKモディファイなどのオールドものから近年の"CHOLUS"や"CONCEPT"など目立たぬところで金管のラインナップがあったことを覚えている方も少なくないだろう。 セルマーのピッコロトランペットと言えばオールドファンに懐かしいM.アンドレ。バロック音楽の可能性を世に知らしめたプレイヤーであり、契約解消によりストンビに替わるまでモデル360を使っていました。 365Bは360の後継機種、前モデルよりトリガーキイや替え管など付属、扱い易くなっている。モーリスアンドレを知っても知らなくてもスゥートでヨーロピアンサウンドがこのピッコロトランペットの魅力な部分だが、2011年に金管楽器全般が廃版となり、身近に「通な」一品が味わえなくなったのが残念なところです。 めったに出ないであろう(金管)製造の終わる晩年の製品でA管用の替管付き、二番管に触るとわかるキズ状の凹み(修復痕)がある他には、これといったダメージがなくシルバーのまぶしい美品。 税込販売価格¥198000です。

続きを読む

Soprano Saxophone Moutrpiece Gottsu Sepia Tone =USED=

メーカ名:Gottsu 型式・仕様:Sepia Tone・Rubber/7☆ ゴッツのネームバリューが定着したともいえる代表的モデル。 "VI"と"Soloist"の2タイプにアップグレードとなり現在は廃版となったモデル。 ソプラノ用ではチップの開きが大きめなので、音色は暗いこともあり、全体的に言って硬質なサウンドになりやすい。ソプラノサックスの音作りをどこに持って行くか?によるが、個性を主張してまずは埋もれないサウンド目指すプレイヤーのは面白そうだ。   チップオープニングの大きいところにコントロールの不安がないわけではないが、扱い易さは、このブランドのセールスポイントの一つであることからある程度のレベルなら支障も感じないだろう。 使用感は、見た通り、ほとんど感じられることもなく新品同様品です。 Sold Out 通販できます。レターパックプラスのみ全国共通で520円です。

続きを読む

Alto Saxophone Moutrpiece Selmer Super Session =USED=

メーカ名:Selmer 型式・仕様:Super Session・Altosax Rubber セルマーのスーパーセッション、ソプラノとアルトサックス用が発売されていました。ソプラノ用は過激とも意味不明とも言えるオープニングでスタートしましたが、現在は常識的なサイズに落ち着いてスタンダード的な地位を確立したものの・・・一方アルトサックス用は一般的なオープニングでラインナップしていたにも関わらず、近年ですが廃版となってしまいました。 そのアルトサックス用ですが、チャンバー形状は馬蹄形、それならソロイストのようなキメが細かくモノトーンの音色が想像されそうだが、これが全くの違うもの。どんな風に吹くかっていうのもあるが、ザックリ吹くと目の粗いカタめなサウンドで「セルマーってこんなの作るの」って印象はちょっと予想外。本来のC☆のところ、オープニングを6番(メイヤー程度?)にリフェイスされたところもあり、ソリッド感と暗めでハードなサウンドが、ライトチックなジャズメタルのようでおもしろい。 先ほどのようにガーガーやってしまうとシンプル過ぎて面白味に欠けるかもしれないが、吹奏感全般にクセがないので、ヴォリュームにメリハリをつけてちょっと流行りをやるのによいポジション。本来はクラシカルなものが得意としジャジーなセッティングでもこなせるなら使い道もより広がるだろうとも思う。 ラインナップ当初のものらしく、見た目の変色があって経年変化を感じさせますが、歯形などの大きいキズはないので使う上での支障はないはず。いきなりジャズなマウスピースに不慣れ方や、どっぷり浸からず時々ポップなものをやりたい、サークル横断的なプレーヤー、特におススメです。

続きを読む

Soprano Saxophone Moutrpiece Selmer Super Session =USED=

メーカ名:Selmer 型式・仕様:Super Session・Sopranosax Rubber セルマーのスーパーセッションは、まずはソプラノ、続いてアルトサックス用が発売されました。アルトサックス用は全くの一般的なオープニング、しかしながら周知が今一歩だったのか?現在ではあえなく廃版。 一方ソプラノの方は、発売当初は、過激とも意味不明とも言えるオープニング"H"~"J"でスタート。その後、少し常識的なサイズに聞こえる”E”~”G”が発売されて、スタンダードになりつつ現在に至ってます。ソプラノ用のチャンバー形状は、(セルマーにしては)ソプラノのスタンダードによくあるラウンドタイプ、いわゆる〇。 今回紹介するサイズは"J"。「はあ~?」って声が聞こえてきそうだ。ソプラノでこんなオープニングが必要かどうか疑わしいし、ここまでのものを使うプレイヤーがいるのか?わからない。一応最初にラインナップに挙げてみたからそのまま残しておこう、と思ったが、やっぱり止めておこうってな具合から廃版になったのかもしれない。 ともあれあのセルマーが、謎ともいえるサイズから最初にラインナップに挙げてきたのは、なんとも大胆なところだ。アルトサックス並みのオープニングだが、ソプラノのせいか思うほど大きくは見えない。 実際試奏してみると思ったよりはーアッサリと(音)は出せる。=あれ~意外といけそーかも、想像通りエアにつまり感が無い=そのせいか少しクレージー・・・いやイージーに感じられ、パワフルなサウンドだ(リードをコシの強ーいのにしたらエアの通りもすべてがクレージーだ)「パワフルさ」って言うより「ハード」と言った方がよいだろう。初心者向きではないが、上手く手なずけられればしゃがれたジャジーなサウンドもいけそうで、「使えるのか?」「どうか?」なんて散々ネガティブな事を前置きしながら、楽しくプレイ出来そうな意外なマウスピースのようにも思える、というものです。

続きを読む

ソプラノサックスーヤナギサワの曲がったオールドモノ

メーカ名:YANAGISAWA 型式・仕様:SC800・GL ストレートが主流のソプラノサックス、カーブドタイプをコルトレーンが持って様になるかはわからないが、カワイさ優先ならカーブドソプラノは捨てがたい。 デタッチャブルネックのハシリともなった、ヤナギサワのカーブドソプラノは、最近でこそリーズナブルなタイプが増えてはいるが、かつてはごく一部メーカに限られ、ましてやユーズドを探しはじめてため息をついた方も少なくないはずです。 SC800ーほとんど見ることはありません。試行錯誤の末に細かく作られたかごとくの本体に、シンプルなキイガードが特徴的・・・、うっかりしたか、あるいは力尽きたか「T」時型、どうせならいっそ「Y」にすればーとちょっと残念だ。 見た目通り・・・っていうのか、今では中々作れそうにないサウンドが出てくる。遊びで鳴らしたロウトーンは、爆裂しソプラノとは思えなくて思わず笑ってしまった。ピッチも悪くない、もちろん最近ののモノと比較するわけにはいかないが、昔のソプラノを考えればむしろまともな方ではないかとも思う。 使用感も全く問題ないところ、キーの周辺などにラッカーのハガレがあるが、使用感としては気にならないレベル。経年劣化はあるものの、凹み修復痕など目立つようなダメージはありません。3年前に全パッド交換、委託品ですが調整済みです。 税込販売価格¥261,800です。 連絡、お待ちしております。

続きを読む

新鋭!とも言えなくなりましたが・・・「ハンドクラフト」シルキー①

ブランド名:Schilke 型式・仕様:HC-1・LQ ファクトリー立ち上げ当時からのトラディショナルなサウンドを受け継ぐBシリーズから、最近のハードデザインなどニューモデルが投入されていますが、この"HC(ハンドクラフト)"は、シンプルなストラクチャーの"B"、ボアは"X4"のエクストララージの構成で2段テーパーのスモーラーベルが特徴なモデルです。 さてでっかいボアのシルキー、ときたらーまずはじめに思ってしまうのが吹奏感ーとは言うものの現物があるのに数字からからはってイメージを持ちながら試奏するプレーヤーなんて全くいませんが・・・。 さてトランペット場合、これより太いボア使っているレギュラーモデルを他メーカーで見かけることがほぼ無いので、先ほどのように数字だけとギョッとしてしまいます。「楽に吹けます!」なんてことは申しませんが、(数字的な事を入れずに)試奏されると「スムーズな吹奏感だ!」とか「このエアーの入り方が……」などなど、数字だけでは語れないちょっとした奥深さの表れとも言えるのはシルキーぐらいかもしれません。 ヘレアーが二段テーパで先の方がかなり大きな広がり方ですが、それに比べるとベル径は小さく設定。 トラッドなシルキーサウンドからするとカントリーチックな甘さ控えめーどちらかと言えば暗めの音色(!)に、パワフルでハードなレギュラーサウンドに「柔さ」が見え隠れする、新たなシルキーを発見できる一品・・・。 ベル縁と3番管先端によくある凹み修復痕(ラッカーハガレがあります)が主なダメージで、それらを除けばほとんど目に付くものはありません。ラッカーハガレも小さなキズ程度で美品と言えるものです。 管体洗浄、調整済み 税込販売価格価格¥330,000

続きを読む