Category : New

YAMAHA Alto Saxophone YAS-62 GL

E♭ Alto Saxophone ブランド名 YAYAHA 型番・仕様 YAS-62 GL YAS-62はヤマハにおけるミドルクラスのアルトサックス、ヤマハサキソフォーンのトラディショナルモデルとしても、長年にわたり安定した品質と高い人気を誇るシリーズです。スムーズで安定した吹奏感、ピッチコントロールもし易く、またジャンルも選ばずサウンドメイクも比較的容易、ビギナーの方に是非オススメの一品。 「定番」と言うと簡単ですが、いざ説明するとなると結構難しいもの。使い勝手や信頼性などを長期にわたって維持していることが、おススメしている点で、他にも上位機種の代打として使っている方も多くいらっしゃるのも心強いところです。上位クラスのサウンドに匹敵する、ピンクゴールドプレート仕様のカスタム用G1ネックをオプションに設定、アップグレードいくか?スタンダードバージョンで期間限定のリーズナブルプライスでいくか? オプションのカスタムG1ネック

続きを読む

B.Crampon E-13 SP B♭Clarinet

B♭Soprano Clarinet ブランド名 B.Crampon 型番・仕様 E-13・SP ヤマハやセルマーなどとともにクラリネットの代表的ブランド、クランポン。 クランポンのラインナップではR-13と並んで、代表的モデルの一つ、明るめで開放感のあるサウンドと鳴らし易く扱いやすさから、初級者の方には高い人気があります。 本製品は旧タイプモデル。ベル形状変更や軽量化など、数年前に仕様変更された現行品との違いは若干ありますが、元々初級者でも扱い易いモデルであり、チェンジ前でもそれほどの遜色は感じないはず。ある面では、少し抵抗のある吹奏感が楽しいところかもしれません。 で、スペシャルプライスでの提供です。

続きを読む

トランペット・YAYAHA・YTR-8335G SP

ブランド名:YAMAHA 型式・仕様:YTR-8335G・G-Bell,SP トランペットのトップブランドの一つであるヤマハ"Xeno" 初代の発売以来、マイナーチェンジを経ながらも現行モデルまで、安定した品質を誇るヤマハのカスタムモデルです。 程良い抵抗を持った吹奏感をはじめ音程の良さ等々、その扱い易さから吹奏楽やオーケストラなど特にクラシックな分野においてクラスを問わず高い人気、トランペットにおけるスタンダード的な存在感を示しています。   ・・・2本支柱のスタンダードなタイプで、オーソドックスなフォルムは見た目のインパクトに欠けますが、ノーマルタイプよりレギュラートーンレンジの「アタリ方」や「乗っかり方」が楽しく、コクが加わった響きがよい感じに仕上がった楽器です。ハイトーンレンジも思いの外イージーに感じられる「プチ」カスタマイズモデルです。出せない音が出るようになる魔法的楽器ではありませんが、近づくかもしれませんね。 「ヤマハのサウンドだよね!」、、、もちろんそりゃーそーです!そこの味付けが面白いところで、そうでなかったら意味がありません。

続きを読む

トランペット・ YAMAHA ・YTR-8310Z GL

メーカ名  YAYAHA 型番・仕様 YTR-8310Z GL サイドシームジョイント、フレンチビードなどシンプルなデザインの中にも新技術が取り入れられたカスタムモデル。 "Bobby Shew" とYAMAHAのコラボレートから誕生したカスタムモデル。ベースの6310Zからアップグレードバージョンで、ジャズユースを強く意識しているものの、明るめで開放的な音色は、ジャンルを問ないフレキシビリティな面を持ち合わせています。 またモニター性を重視したサウンドながら、スムーズでイージーな吹奏感は扱い易い上、メリハリが付け易くハイレスポンス、クラスを問わずおススメの一品です。 ・・・シンプルなフォルムで見た目はゴールドプレート、、、いいえ、きれいなゴールドラッカーです。レギュラートーンレンジの鳴りムラがなく密かな期待を外すこともなくスムーズで楽しくなるエアスルー。またコクが加わった響きがよい感じで、パワーに押し負ける事も(多分)ありません。ハイトーンレンジも思いの外イージーに感じられる(かも?) 「ライトチューン」のカスタマイズモデルです。

続きを読む

CONN 88H(R)T Tenor-Bass Trombone Original Version

Tenor-Bass Trombone ブランド名:Conn 型番・仕様:88HT・L-Bore,8.5inch,Rose Brass Bell,GL 100年の歴史を誇るコーンは、かつてはトロンボーンの代名詞のように呼ばれた時期もある老舗ブランド。 外観のすっきりしたシンプルな細工、きめが細かくまとまり感のあり、軽すぎず、重すぎずというべきトロンボーンにおけるミディアムポジションのサウンドが持ち味で、高いレスポンスによる立ち上がりや粒立ちの良さには定評があるところで、この辺を含めて長年にわたり、人気のあるところです。 このタイプは、うすめ(シン)に仕上げられた「ローズ(銅成分が多め)」のベルを使ったモデル。88Hを代表するサウンドで、オケや吹奏楽等ではもちろん、アンサンブルでは力まずスマートにプレイすることで、さらに旨みを発揮します。 近年はCLモデルやリムーバブルマウスパイプのDBなどバリエーションを充実し、スライド、ベルとのコンビネーションも拡大中。 Lボア、81/2シンローズブラスベル、(知る人ぞ知る…)一体型コードアクションリンケージのトラディショナルラップに、これまたスライドストッパースプリング仕様の一品物です。 ・・・と、他メーカにはない個性的な良さがあるのですが、在庫をしていないお店もほとんどで、特に若い方に人気が下火になってしまったのはちょっと残念なところ。扱い易さより対話が楽しい一品かな?

続きを読む