Category : New

B♭Trumpet V.Bach LT180 ML 72/25 SP

ブランド名:Bach 型式・仕様:Strad 180ML・#72Bell,#25pipe,Light weight,SP 180(ストラド)シリーズには豊富な種類のマウスパイプ・ベル・ボアサイズがありますが、最もスタンダードと言われるのは#25マウスパイプと#37ベルの組み合わせにMLボア。今回はスタンダードとは違った先ほどのバリエーションから72番ベルと25マウスパイプのコンビネーションにライトウェイトボディというモデルをご紹介しましょう。 最近では(見かけ上、アピールが足らないせいか)あまり見られなくなった"LT(=ライトウェイト)"モデルですが、通常よりベルやチューニングスライド等の管体を薄く(軽く)作る事により、「タチ」「キレ」「ニュアンス」を更にアップさせたもので。先ほどのハイレスポンスと軽快感のあるサウンドから、どちらかと言えば、スタジオ系のプレイヤーに高いニーズがありました。 実際そのような方向を狙ったのかもしれませんが、かつてN響の主席だったSさんは"BSC"の前に、この"LT"(#37のGold Brass Bell,Gold Plate)を使われていたとか……で、「ジャンルを特定して…」と言うよりは表現力とか重視してチョイスする楽器とも言えます。 オプションではなくライトウェイトとしてのレギュラーモデルといえばベル、マウスパイプなどオールド物の復刻と言われますが"New York 7"がそういう形態で作られています。 さて今度はベルの方。スタンダードの#37 Bellは、クリアフォーカスとブローダートーンが持ち味でこれはこれで人気がありますが、#72 Bellだと音色が(なぜか?)暗め、タイト感があってちょっとテンションの高そうなサウンドがし、キャラクターとしては違う方向かと……。 (バックなので)特にジャンルを選ぶと言う事もなく、パワフル&アクティブサウンドで前向きにプレイしたい方におススメの一品は税込価格¥344250で販売しています。

続きを読む

CONN 88H(R)T Tenor-Bass Trombone Custom Version

Tenor-Bass Trombone  ブランド名:Conn 型番・仕様:88HRT・L-Bore,8.5inch,Thin Rose Bell,GL 100年の歴史を誇るコーンは、かつてはトロンボーンの代名詞のように呼ばれた時期もある老舗ブランド。近年はCLモデルやリムーバブルマウスパイプのDBなどバリエーションを充実し、スライド、ベルとのコンビネーションも拡大中のブランドです。 見た目にすっきりとしたルックス、きめが細かくまとまり感のあり、トロンボーンとしてミディアムウェイトサウンドが持ち味で、高いレスポンスによる立ち上がりや粒立ちの良さに根強い人気があるのはスタンダードエディションのところでも御説明したとおりです。 今回は「Thin Rose Bell(銅成分が多めのブラス材で薄目に仕上げられたベル)」仕様のモデルがベース。スライドはスタンダードタイプを2ウェイのマウスパイプ交換装着できるようカスタマイズしたもので、オリジナルにも"DB"(デュアルボア)と言うモデルがラインナップされていますが、これとは全く異なる仕様にしてみました。 ノンスクリュータイプのリムーバブルマウスパイプは一方はオリジナルトーンの良さを生かして、同じスタンダードを設定。もう一方はエキストラロングパイプをチョイスして、コーン特有のまとまり感はそのままにミディアムからよりヘヴィなサウンドになるようなセッティング。本体はオリジナルを優先して少し手を加えた程度でりラッカードとしました。 さわやかさと落ち着きの2面性を併せ持つ一品もの。税込販売価格は¥367,200です。

続きを読む

CONN 88H(R)T Tenor-Bass Trombone Original Version

Tenor-Bass Trombone  ブランド名:Conn 型番・仕様:88HRT・L-Bore,8.5inch,Rose Brass Bell,GL 100年の歴史を誇るコーンは、かつてはトロンボーンの代名詞のように呼ばれた時期もある老舗ブランド。 外観のすっきりしたシンプルな細工、きめが細かくまとまり感のあり、軽すぎず、重すぎずというべきトロンボーンにおけるミディアムポジションのサウンドが持ち味で、高いレスポンスによる立ち上がりや粒立ちの良さには定評があるところで、この辺を含めて長年にわたり、人気のあるところです。 このタイプは、うすめ(シン)に仕上げられた「ローズ(銅成分が多め)」のベルを使ったモデル。88Hを代表するサウンドで、オケや吹奏楽等ではもちろん、アンサンブルでは力まずスマートにプレイすることで、さらに旨みを発揮します。 近年はCLモデルやリムーバブルマウスパイプのDBなどバリエーションを充実し、スライド、ベルとのコンビネーションも拡大中。 Lボア、81/2シンローズブラスベル、(知る人ぞ知る…)一体型コードアクションリンケージのトラディショナルラップに、これまたスライドストッパースプリング仕様の一品物です。

続きを読む

B♭Trumpet V,Bach 180ML 37Bell/25Pipe Silver plate

メーカ名:Bach 型番・仕様:Strad 180ML・37bell,25Pipe SP 金管楽器の世界的ブランド「バック」は、すでにご存じの方も多いはず。 この180(Strad)シリーズは、従来の伝統的工法からその重厚で力強いフォルム、クリアフォーカスで豊かな響き、強めの抵抗感など、バックのトラディショナルモデルとしてオーケストラや吹奏楽など、長年にわたりクラスを問わず多くのトランペットプレーヤーを魅了しています。    180シリーズの豊富な種類(注1)のマウスパイプ・ベル・ボアサイズがある中、スタンダードウェイトボディ、ミディアムラージボアに#37ベルと#25マウスパイプというコンビネーションが最も一般的な仕様して、埋もれない遠達性、芳醇で豊かな響きなどバック(ストラド)と言えば、このタイプ(注2)と言われるスタンダードなモデルです。      (注1)B♭管の場合ですが Bell:25,37,38,43,65,72のタイプに加え、そのLTとHの設定、またベルマテリアルにYBとGB,SSがある。 Pipe:25,25-O,43,44,6,7などのタイプにリバースも設定 Body:StundardとLight Weightタイプ、仕上げにLQ,SP,GPがある (注2) 諸説あります(聞きます)が、「ニューヨークに工場があった時代によく作られていたモデルが今日の37番ベル(と言う表示がない頃)モデルの原型だった」とか、「バックの求めた(バックらしい)サウンドがこのタイプだから」とか「(単純に)いろんな組み合わせの中で中心的な仕様だったから」などなど、真偽のほどは不明ですが、と、いうようなお話を聞かせて頂きました。 旧タイプ(シングル)ケースがスペシャルプライスにてあります。。

続きを読む

YAMAHA “Bobby Shew”model “Light Turning specification” Report

YTR 8310Z “Bobby Shew” Model “Light Turning specification” 前回はYTR-8310Z、「ボビーシューモデル」(監修)を取り上げ、ライトに盛り上がりましたが、今回はライトチューニング仕様をリポートして、へヴィに盛り上がりましょう。 ***相変わらずですね、概要とか仕様などは前回のリポートでされているので、その辺りは省略して試奏を中心に話してもらいましょう。今回のライトチューンバージョンを試奏して、実際どうですか? 前回(ノーマルバージョン)でも説明した通り、Mボアなんですが、エアスルーとか全く変わっていません。根本的なパーツ…例えばチューニングスライド、マウスパイプ交換の等、大きな変更(改造)を行っているわけではないらしく吹奏感は変わらず軽め、ハイトーンやフォルテでもそれ自体あまり変わりません。ノーマル同様、Mボアであることが、効率よく鳴ってくれるという印象ですね。   ***音色とかその辺はどうでしょう、違いますか? ヤマハのカスタムモデル(ゼノ等)というとニュートラルから暗め、クラシカルなジャンルでの人気が高いように落ち着いた音色だと思うのですが…やっぱり”Z”は違いますね、音色にブライト感があります。ノーマルだと、ところどころサウンドに「目の荒い」部分があり、それらが明るさ、華やかさを後押しするところがありましたが、この楽器の場合は、まとまったって言うのか…その「荒さ」が上手く収まって、オリジナルの華やかさや明るさを残しつつ、その分より「濃く」なっているような印象ですね。 ***ほう、他には、サウンド面とか、何かありますか? 元々マイク乗りの良い楽器だとは思うのですが、より乗っかるようになったと思います。元々硬質で線の細いトーンが持ち味ですが、サウンド全体に(広がりを抑えて)まとまり感がでてきた分、先ほどの線の細さが気にならなくなりました。それに伴い(若干ですが)モニター性も変わってると思います。   ***より指向性が出てきた、って言うことですね、その他だと、何か? 全体的にタイト感があり、このままでも良いところですが「音ヌケ」してくるともっと楽しくなるかもしれません。ロウトーンなんかどうなんでしょうねえ? 先ほど「『荒れ』た部分が収まった」って言いましたが、それに関連して「割れる」っていう感じがしなくなりました。もちろん限度が無いわけではありませんが、フルパワーっていうか、ラフに吹いても安心感があります。この辺りがノーマルと違うところだと思いますが、どうですか? ***はい、そのようになってるはずですが…。 その他だと、鳴り方に関連するかどうかわかりませんが、音のアタリ方が違うよう気がします。ポイントが狭いと広いとかではなく……、「意外にスパッとアタル?」って感じ―パラダイスです!ストレスがありませんね。ハイトーンとかは階段を上がるようなって感じですかねえ…わかるかなあ? ***全然、別物って言うことですか? まあ別物と言えばそうなりますが、「全く違う楽器を吹いている」って言うことはありません、「これだけ」だと何が違うのか、わからないかもしれませんね、オリジナルと同じ部分もありますから…。(スタンダードと)比較して細かく見ていくと大きく違いが感じられますから、その点で言うと中上級者の方のほうが面白いと思います。 ***トータルとしては吹き易くなっている? ハイトーンとか「狙って吹ける」って言うことになるとそうですが、そこだけだったらスタンダードでも十分です。「エヴォリューション ワン」ってところでしょうか。 ***ランサーですか?最後に何かあれば。 面白い楽器です、試奏してみてください。ライトチューニングモデルといっても侮れませんよ。 ***ありがとうございました。

続きを読む

トランペット・ YAMAHA ・YTR-8310Z GL

メーカ名  YAYAHA 型番・仕様 YTR-8310Z GL 税込定価¥286,200  サイドシームジョイント、フレンチビードなどシンプルなデザインの中にも新技術が取り入れられたカスタムモデル。   付属マウスピースをはじめ "Bobby Shew" とのコラボレートなどジャズユースを強く意識しているものの、クリアーフォーカス、明るめで開放的な音色は、ジャンルを問ないフレキシビリティな面を持ち合わせています。 またモニター性を重視したサウンドながらも指向性も併せ持ち、スムーズでイージーな吹奏感は扱い易い上、メリハリが付け易くハイレスポンス、この当たりにもクラスを問わず密かな人気があります。 新たにライトチューン特別仕様の試奏レポートをアップしました、詳しくはこちら!okubetu

続きを読む

Tube

ブランド名:Miraphone 型式・仕様:86a・GB Anniversary ミラフォン、ドイツのメーカでローターバルブの精度はピカイチ、450mmリース付きベルで音色は期待以上です。 1997年製の限定モデル、訳があってのこれぞ「デッドストック」品。 税込販売価格¥1,188,000

続きを読む

トランペット YAMAHA YTR-8335 LA

メーカ名  YAYAHA 型番・仕様 YTR-8335LA GL 税込定価¥313,200 詳細レポートはこちら! サイドシームジョイント、フレンチビードなどヤマハのトレンドとなった技術が取り入れられたカスタムモデル。 型式から言えば「ゼノ」ですが、 "Wayne Bergeron" とのコラボレートで出来上がったカスタムモデルは、それとはまったく別物。 YTR-8340EMほどセンセーショナルではありませんが、地味なところでよく仕上がったモデルです。 詳細は久々登場、スペシャルレポートをどうぞ!

続きを読む

トランペット Schilke B-4 SP

ブランド名 Schilke 型番・仕様 B4 SP マウスピースの製作からはじまり、トランペットの代表的メーカの一つとなったシルキー。 "X" "S" "HD" "Handcraft"とバリエーションが増える中、シルキーベーシックサウンドを受け継ぐのがこのBシリーズ。そのラインナップの一つでミディアムボアにミディアムベルのコンビネーションがこのB4です。 シルキー特有のブライトな音色がスピード感のあるコンパクトサウンドと相まってビックバンドをはじめセクションなどでも、埋もれることもなく存在感を発揮。 そのスペックからも想像がつくかもしれませんが、「エアーをガンガン入れてゴリゴリとパワフルに吹く!(もちろん吹けなくはないのですが…)」というよりは、「楽器なりに従って効率よくエアーを使い、クールに扱う」という方に持ち味が出ます。このシリーズの特徴である、より高い遠達性や独特の吹奏感などから、ちょっとした経験と少しばかりの「馴れ」を必要とはしますが、どちらかというとBシリーズの中にあって取っ付きの印象よりも、末永く付き合って頂ける懐の深い方向きと言えます。 税込販売価格¥486,540

続きを読む

メーカ名  Schilke  型番・仕様 B5 SP トランペット・Schilke・B5 SP

メーカ名  Schilke   型番・仕様 B5 SP マウスピースの製作からはじまり、いまやトランペットの代表的メーカの一つとなったシルキー。 R.O.Schilkeによるトラディショナルなサウンドを受け継ぐBシリーズは、よりシンプルなストラクチャーで構成され、ブライトでリッチなサウンドがプロプレーヤーをはじめ、アマチュアの方まで多くのファンを魅了しています。    クリアフォーカスでクイックレスポンス、また細かなニュアンスをつけやすいなど高い表現力がある反面、レジスタンスレスの吹奏感やより高い指向性からくるモニター性がちょっとしたクセ者。楽器に合わせたコツのつかみ方と「馴れ」を必要とし、価格を含めて基本的には中上級者向きの楽器と言えます。 「B」シリーズの中では最もポピュラーなタイプとなっているMLボア、MLベル仕様、シルキーでは意外と知られていないコパーを採用。 税込販売価格¥486,540

続きを読む

B♭ Tenor Saxophone Yanagisawa T-901/2

ブランド名 Yanagisawa 型番・仕様 T-901/2 ヤナギサワテナーサキソフォーンのベーシックモデルで、「ブラス(WO1)」シリーズにおける一世代前のモデルです。   ブロンズモデルに注目が集まりがちですが、こちらの方は開放的で温かみのある音色が特徴。レスポンスも大変よく、スムーズな吹奏感が初心者の方に扱い易く、一世代前と言っても現行品との比較においても全く遜色がありません。長年にわたりヤナギサワのトラディショナルサウンドを受け継いできたモデルとして、新旧変わらず高い完成度を誇っています。     もちろんメーカ保証もついて旧品番であるが上の(超お買い得!)です。 ただし在庫のみの販売でしたが、在庫切れとなりました。お買い上げ頂いた方々、ありがとうございました。

続きを読む

B♭Tenor Saxophone YAYAHA YTS-62 SP

B♭Tenor Saxophone ブランド名 YAYAHA 型番・仕様 YTS-62 SP   一般的にはラッカー仕様のものが多く出回っていますが、このシルバープレート仕様はSP特有の暗めの音色としっとりとしたシルキータッチのサウンドが特徴的。「シルバープレートのルックスがピカッと光ってカッコいい!!」というのもあり、です。     YTS-62はヤマハにおけるミドルクラスのテナーサックス、トラディショナルモデルとしても、長年にわたり安定した品質と高い人気を誇るシリーズ。スムーズで安定した吹奏感、ピッチコントロールもし易く、またジャンルも選ばずサウンドメイクも比較的容易、ビギナーの方にも是非オススメしたい一品です。 旧品番という事もあり在庫のみ、お早めに…。 在庫切れとなりました。お買い上げ頂いた方々、ありがとうございました

続きを読む