B♭Trumpet V.Bach LT180 ML 72/25 SP

ブランド名:Bach
型式・仕様:Strad 180ML・#72Bell,#25pipe,Light weight,SP

180(ストラド)シリーズには豊富な種類のマウスパイプ・ベル・ボアサイズがありますが、スタンダードと言われるのは#25マウスパイプと#37ベルの組み合わせにMLボア。
今回はその豊富なバリエーションから72番ベルと25マウスパイプのコンビネーションにライトウェイトボディというモデルをご紹介しましょう。

最近では(見かけ上、アピールが足らないせいか)あまり見られなくなった”LT(=ライトウェイト)”モデルですが、通常よりベルやチューニングスライド等の管体を薄く(軽く)作る事により、「タチ」「キレ」「ニュアンス」を更にアップさせたもので。先ほどのハイレスポンスと軽快感のあるサウンドから、どちらかと言えば、スタジオ系のプレイヤーに高いニーズがありました。
実際そのような方向を狙ったのかもしれませんが、かつてN響の主席だったSさんは”BSC”の前に、この”LT”(#37のGold Brass Bell,Gold Plate)を使われていたとか……で、「ジャンルを特定して…」と言うよりはレスポンスやその鳴り方など表現力などをより重視してチョイスする楽器とも言えます。
オプションではなくライトウェイトとしてのレギュラーモデルといえばベル、マウスパイプなどオールド物の復刻と言われますが”New York 7″がそういう形態で作られています。
さて今度はベルの方。スタンダードの#37 Bellは、クリアフォーカスとブローダートーンが持ち味でこれはこれで人気がありますが、#72 Bellだと音色が(なぜか?)暗め、タイト感があってちょっとテンションの高そうなサウンドがし、キャラクターとしては違う方向かと……。
(バックなので)特にジャンルを選ぶと言う事もなく、パワフル&アクティブサウンドで前向きにプレイしたい方におススメの一品。