特急「宗谷」に乗って、バスにも乗ってみた

前回は稚内到着から折り返しで特急サロベツに乗車、滞在約20分という、無謀な企画の批判を受け(だれが一体批判するんだ?)て、ならばと今回は、音威子府ソバの真相を探るべく(という理由をでっちあげ)再度の訪問となりました。

宗谷の到着後、稚内バスターミナル前を午後1時20分、15人程度の乗客を乗せ予定時間に出発。途中、買い物客の何人かを乗せて市内を南下、街並みを抜けた辺りからルートが東向きに変わる。20分もすると声問の静かな海が見えてきた。ここからから南(山手の方)に旧天北線が分かれていたのだが、線路跡はおろか駅跡さえ記憶がない。市内はずれから背後に見えていた利尻島が、宗谷湾の端、富磯まで来ると見えなくなった、天候に恵まれれば、意外に長く見られるものだ。

出発して40分後(午後2時)B.S宗谷に停車、ここまでで買い物、病院など地元の方と思しき人たちは下車。「宗谷岬に行かれる方は(B.S)宗谷岬で…」と車内アナウンス、まもなく「最北端地、宗谷岬」らしい。

アナウンスから10分程度で宗谷岬に到着。写真でよく目にする三角形の碑がすぐそこに見え、バイカーもいて辺りは混雑ではないくらいの賑わいだ。駐車場があるし、時間の使い方からいうとやっぱり車の方が便利そう。自分を除いてみんな下車したので、一番前の席に移動する。「お客さんは行かないの?」の運転手さんの問い掛けに「音威子府まで行くんで」と言うと「ああ、そうかい」-変わり者と思われたかも?「一年に何人かはいるね、そういう人。バス乗るのが好きだとか、景色が良いところだとか…」-やっぱりいるんだ!よかった変わり者じゃなくて(絶対数は少ないんだからやっぱり変わり者でしょ?)

近づいたり離れたりしながら海沿いに走り、いつの間にか南向きになった。ここらだともうオホーツク海かも知れない。たまにゆるいカーブを通過するが、先頭に座っていると弓矢の的に向かうがごとく直線が続く。
「そこの左後ろ、島影見えるかい?それ樺太だから(薄く海上に線のように見える。そう言えば特急の中から礼文島と利尻島も見えました)
そうそう、そっちの方もそうだけど、天気が良けりゃいいってもんじゃないし、悪いともっとだめだし…両方見えて良い日来たねえ」-ははは、ありがとうございます。

貸切状態でガイドさん付きのバスツアーだったが、とある郵便局の前で久々停車、お客さんが2人乗車する。その先の信号を右折して、10分ほどで旧天北線の鬼士別駅跡の鬼志別のバスターミナルに到着、一回目の休憩だ「お客さん、3時5分出発ね、後ろ開けとくんで、それまで戻って来てね」と詰所に行ってしまった。
猿払村役場のある地区で何もないわけではないが、かといってフードコートやスーパーがある(見受ける)わけでもない。福岡近郊だと真夜中だってここまで車の通りがないことはないが、それにしてもかなりの静かさだ。広さではトップから何番目の面積ながら、人口密度だと下位から数えた方が断然早い(失礼ながら)辺境の地、観光地でもない所の平日昼間はこんなものかも…。いくつか写真を撮り、用事を済ませて、乗車、音威子府の情報を検索してみた。運転手さんが戻って来たところで「すいません、昔(音威子府)駅で売ってたソバですが、あのお店は今どうなったんですか?」と聞いてみた。すると「ホームのそば屋かい?あそこは、いま駅(待合室)の中でやってるけどね。お客さんそこ行くの?でも着いた時間にはやってないんでないの?けっこう早く閉まるから」えー!じゃあ他の〇〇さんとか店ぐらいですか?「そうだねえ……でも行くんなら電話しておいた方がいいよ、お客さんいないと早く閉めるときがあるから」そりゃー困る(かなりうらやましい!)ちょっと電話しとこう。と電話が終わるのを待ってからエンジンがかかった。

さて出発すると、先程の交差点まで戻り、1人が乗車、国道を南下する。左にオホーツク海、右手には牧草地らしき草原を見ながら、しばし走ったところで道の駅が見えて来た。この辺り一帯が猿払村営牧場で広さは見えるところまで(!)らしいが、建物がないので大きさの想像が付かない。左手にロシア船遭難の碑が見えた。

そこを過ぎた辺りから景色に飽きたか?ちょっと寄り道をー(んな訳はありません!)芦野という小さな集落が内陸寄りにあるのでそこを経由。「10軒程度…周り含めるともう少しあったかな?」と説明してもらったが、見える所だけだともっと少ない。「道道めぐり」をしながら再び国道に戻って来た。

曲がったか曲がってないかわからないようなカーブと長ーい直線が交互に続き、時折後続車が追い抜いて行くが、一定のスピードを保ったアクセルの扱いが独特だ。すこし内陸寄りに走っているのか○○牧場の看板とともに牧舎が忘れない程度に出てくる、たまに「飛行場前」なんてバス停もあったりして、「どこにそんなものが?」と思うが、景色だけながめると(BSの)名前を付けるのもそれはそれで大変である。ボヤーっとする時間も増えたので浜頓別ってこんなに遠かったかな?と話しかけると、「ああ、鬼志別から60キロくらいあるもんね」そう言われるとそりゃーぼおーっとする時間も増えてくる。天北線があった頃は「らしい」風景を満喫したものだが、ここまで来なくてもすでに満腹——、できる事なら途中下車してホントに満腹になりたいものだ。有名な(北海道では)四ツ葉牛乳の工場を過ぎて少しすると街並みが見えてきた、浜頓別だ。見えて間もなく一人のお客さんが下車し、その先の紋別との別れを右折し、ちょっと走ってバスセンターに到着した。ここでも10分間の停車。浜頓別は旧天北線の要衝、内陸の音威子府から距離が80キロ程度。先ほどの国道別れを海沿い(オホーツク海)に南進する旧興浜北線があり、10キロちょっと行った所に神威岬(斜内ー目梨泊の間にある)がありますが、ここの景色は宗谷線から見える利尻島と並ぶ、道北きっての(鉄道)絶景!撮影ポイントに腰を下ろして列車を待った当時を思い出します。さらに南に進むと興部、紋別からサロマ湖へと快適なドライブコースが続き、宗谷岬でのバイカー達もここらをツーリングしたはずだろう(多分)。

高校生の乗った下りのバスが出発して、こちらも貸切で出発、でも時間が時間です、次の高校前から学生さんが乗ってきて、少し賑やかになった。でも20分程度で中頓別のバスターミナルに到着し、先ほどの高校生たちは、全員ここで下車してしまいました、またまた10分間の時間調整となった。手前の下頓別もそうだが、ここも旧天北線の駅跡でバス停の前には、ちょっと痛々しいがローカル線用ディーゼルカーであるキハ22が鎮座。

ここでは鬼志別や浜頓別と違い、切符売り場や大きな待合室があるわけではないので、2人してバスの中で待機となる。
親戚の子供さんが吹奏楽部だったとかで、「10分くらいの演奏(多分コンクールの事だ)を聞いても何が良いのか悪いのわからないし、スポーツみたいにわかりやすくならないものかね?」要するに「やれー!」「それー!」と応援したい、ということらしい。他にも趣味はこんなだけどお宅はどうだとか、冬はこんなだとか、世間話のだが住んでいないとわからない大変さをたくさん知った。

そんな間に時間がきて出発、浜頓別からは山間部に向かって走るが、曲がり道が続くとか峠を越えるという感はない。天塩山地の東側、高い山もなく丘陵地ようなところを緩いアップダウンと大きなカーブが続く国道を一定の速度を保ち走って行く。五時を過ぎ、あと30分くらいで到着するらしい。稚内から音威子府まではおよそ160キロメートル、福岡からだと熊本県の八代市くらいの距離で時間にして四時間半弱くらい。これが路線バスっていうから相当驚いた(今更気づいたのか!)「昔は、休まず走っていたんだけども例のさ、バス事故が遭ったでしょ?それから今みたいに休憩時間をいれるようになっちゃったわけ」と笑った。音威子府駅前に到着後「例の食堂さ、その信号を左に行って10分くらい歩いたところ。右側にあるから」はい、ありがとうございます。それでは、行ってきます。
だらだらな、放浪記お付き合いいただきありがとうございました。