Otto Link・Metal Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名:Otto Link
型番・仕様 Super Tone Master・Metal,GP
比類を見ない太くてダークなサウンドが”Jazz Tenor”のスタンダードに押し上げたというべき存在。シャープなセンターが存在し、また「ツヤ」があって、パワーも出る「メタル」は、ジョンコルトレーンをはじめ数々のテナーマンが愛用し、長年にわたり、クラスを問わず愛用者が多く、一度は使ってみたいマウスピースの一つです。
 
ビギナー向けとは言い難いものが多い「メタル」製マウスピースの中にあって、くわえた時のヴォリューム感覚、音の立ち上がりや出し易さなど、比較的扱い易いもので、硬めのサウンドになりますが、初級者の方でもジャジーなサウンドの一端を堪能できそうなところも人気の一つ。

ただ、「オットーリンクのメタル」における、あのウッドチックな独特のサウンドメイクには、それなりのコツが必要と言え、エアの使い方をはじめ、ある程度コントロールできるまでは Opening No,Xやリードの番手を「控えめな物から」慣れていくのがポイントです。
さてそのオープニングですが、4☆、5,5☆、6、6☆〜9☆が標準設定、それより以外のモデルナンバーはプラスαの受注生産品です。

リンクサウンドとも言える独自のリガチャーとキャップが標準装備。