Meyer Rubber Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名: Meyer
型番・仕様 :”M”・Rubber

高い汎用性を持つアルトサックスでの圧倒的な人気の高さから比べると、メタルの需要も高いこともあってか、テナーサックスでのメイヤーマウスピースの存在感は(アルトに比べて)かなり地味…。
方向性を狭く絞ったこのマウスピースは、ゴリゴリと力でプッシュするよりは、息使いの聞こえそうな小さい「ハコ」など、シビアで繊細さを重視したい場面での方が持ち味を発揮。全体的にタイトに設定されているチップオープニングがニュアンスを付け易く、細かく微妙なサウンドメイクが得意技。ダークで雑味のある音色は、ジャズテナーの王道と言うべき、シブいジャズサウンドを味わわせてくれます。
オープニングは全体的に言ってクローズド、(4番から)10番までありますが、先程も述べたように他のマウスピースほど「チップオープニング」が大きくありません。またアルトのように定番という存在が無く、6番~9番の需要が一般的です。その他にもグレゴリータイプ(G by Meyer)も存在しますが、日本での販売はありません。
リガチャー・キャップ付きです。

G by Meyer Tenor Meyer "M" Tenor