Mute ”Cup”

2、カップ
ストレートについでよく使用されるミュート。ジャズユースだとこっちの方の使用頻度が一番高いかも知れません。先端のカップの部分で直接音を受けてその反射音からストレートのような鋭さはなく、やわらかさを伴うようなサウンドになります。またカップ内の細工を工夫することにより、サウンドの調節も可能になります。また使用にあたっては、ミュートのコルク削ってベルとカップとの間隔を調整して使うのがポイント。(←自然とコルクがへたれてくるのと使用頻度の低さ、またはまったく気にしていないこともあって、ご存じの方もあまりいません)
中には「デニスウィック」のようにカップ自体が調節可能な可動式のものもありますが、取り外して「ストレート」兼用ということではなく、あくまでも先程のような理由によるもの。カップミュートの代表的なものと言えば、先程出ましたが、クラシカルな分野で人気のある「デニスウィック」や細工は二の次、ペーパー系の独特のライトなサウンドが受けている「NSL」が一般的かと…。