Bach “Standard” Trumpet Mouthpiece

ブランド名:Bach
型式・仕様:Standard・SP
気軽に手にできるリーズナブルな価格、クラスを問わない扱い易さ、ジャンルも問わない高い汎用性など、初心者をはじめ上級者まで愛用者が多く、トランペット用としてスタンダードとも言えるマウスピースです。
元々(創業はNew York¬:#1)、Vincent Bach自身のマウスピース製作から始まり、そのいろいろな過程で派生したマウスピースを製品化していったことからか、たくさんのバリエーションを作り出し、そのスペックが後の他メーカーへのマウスピース造りに与えた影響は小さくありません。
Bach Standard Mouthpiece カップ、リム

サイズは、No,1~20(17,5mm~15,0mm)で番号が大きくなるにしたがって内径が小さくなります。一般的には~No,10辺りまでの需要があり、中でもNo,1-1/2 No,3 No,5 No,7 No,10-1/2のニーズが特に高いよう。
U字型カップを中心に、深さがA~Fおよびアルファベットの無いものまで全部で7種類、Aが深く、Fは浅い。一般的には、設定傾向に比例した、中庸な深さである”C”からやや深めの”B”カップの方に選択肢が多くあります。

サイズと深さのすべてに組み合わせがあるわけではありませんが、カップサイズやリム、スロート№やバックボアなどを組み合わせたスペシャルオーダー品も可能とか…↓

またまた入荷です!!というわけで、ついにストックしました、「スペシャルオーダーマウスピース」
HITOMIさん愛用”Bach(Standard)9D”をベースにして


1, Normalで抵抗感があり、線は若干細め。ハイトーン寄りのモデルですが、スタンダードとしてのバランス重視の設計。
2, アッパーレンジにポイントがあるタイプで、全体的にクリアフォーカス、比較的ムラの無いバックサウンドで音色も明るく感じられる。適度に抵抗感が感じられ、スタンダード的な吹奏感。
3, エアーがよく入り、この手の吹奏感とマッチすればコントロールもしやすく、全体的に豊かなサウンドになりますが、ミディアムレンジを重視したようなタイプ。
4, カップサイズを感じさせないくらいにエアーが大変よく入る。音色が暗く感じられ、太く豊かなロウからミディアムトーンのサウンドとハイトーンの当たり方(当て方)がイメージと異なるところが特徴的なタイプ。
5, 若干の抵抗が増えたような吹奏感にカタめの明るく感じられるサウンドとハイレンジでの音のアタリ方が特徴的なタイプ。
6, 全体的にエアーの入りがスムーズで、その分コニカルで豊かなボリュームが出るよう。まtキメの細かいクリアーなサウンドが特徴的なタイプです。

#1:創業時とその後しばらくNew York , Mt Vernon ( N,Y )に工場があった。この頃に製造されたものをオールド物と呼ばれ、現行モデルと区別する際に「ニューヨークバック」とか「マウントヴァーノンバック」と区別されています。その意味では、ニューヨークバックほどではありませんが「アーリーエルクハート」もその一つ)