Meyer Type “G by Meyer” Alto Sax Mouthpiece

メーカ名  Meyer
型番・仕様 Rubber “G by Meyer”
メイヤーマウスピースにおけるバリエーションの一つですが、材質とハイトーンレンジでの抵抗感以外は別物の位置付けと見るほうが良いのかもしれません。

 

ハードコアにスモークをまとったようなまとまり感のあるサウンドです。音色はニュートラルから暗め、ラフ気味(または丁寧)に扱い、ライトにプレイしてコンボジャズ等に向いているかと…。
他でも多く語られているようにポールデスモントが使っていたとされる「グレゴリー(オールド物)」の復刻版ですが、全くのコピーと言うことも無く、「方向性」を重視して使った方が旨みにありつけるかもしれません。
パワーも十分引き出せますが、その音質からか感覚的にオンプレイほど、パワフルに感じられないようです。「マッタリ」とか「ボヤッと」しているわけではありませんが、こちら(G by M)の方がよりマイルドなサウンドを作れるところはあり、「鋭さ」を問うならスタンダードの方が実感できるかと…。
鳴らし方にコツが必要だという事は全く無いので、(メイヤーの)スタンダードと同じくクラスを選ぶと言うことはありあません。ただ微妙でファジーな立ち上がり、サウンドメイクの方向など細部にこだわるとビギナーの方以外のほうが、その恩恵にあやかれます。相室