Gottsu Sepia Tone “Hibiki” Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名:Gottsu
型式・仕様:Hibiki・SP
シャープなチップレールに高い精度のテーブル面など高品質を保ち、ミディアムハイトバッフルとミディアムラージチャンバーをベースに独自の方向性から新たに生まれた、最新メタル第二段がSepia Tone の”Hibiki”

一般に「この手のマウスピース」というと、ピーキーさとデリケートが求められるイメージがありますが、中程度のバッフルにチャンバーを縦方向に大きく(容積を)採ることによってマイルドさに視点を置いており、ひたすらシャープさを狙っている訳ではありません。
そのままストレートに吹いてみると、(期待どおりの)ちょっと荒めなハードな部分が押し出され、その鳴り方からブライトに感じるようですが、音色は(意外と)暗め。全体的に言って、までまとまり感のあるエッジィな鳴り方が特徴です。
先ほどのハードなサウンドから程よいエッジを効かせて、ビックバンドをはじめスカバンドなどでのパワフルにポップなプレイが楽しいところ。一方で広ーいテナーサウンドの世界にあってどこを目指すか?は、たくさんの好みが噴出するところですが、「広がりすぎず締まり過ぎず」とじわっと出てくる「古さ」を使って、よりジャジーな使い方に新たなサウンドメイクの可能性を思わせるマウスピースです。
メタルににしてはリーズナブルなプライス設定、(マウスピース本体に)吹き辛さを感じるような極端なスリムさはなく、クラスを問わない扱い易さはすでに実証済みで方向性が一致しそうならメタル初級者にも試してもらいたい一品です。。本体のみ、リガチャー、キャップの付属はありません。