Warburton Trumpet Mouthpiece

ブランド名:Warburton
型式・仕様:カップ&バックボアの2ピースタイプ

内径や深さのカップ部分、いわゆるトップパーツとスロートやバックボア部分のアンダーパーツからなる2ピースタイプのマウスピース。
No,1(17.50mm)から内径が0.25mmずつ小さくなりNo,10(15.25mm)までの10種類のカップ内径にそれぞれ9種類(ES~XD)の深さが設定されたトップパーツ。一方、No,1からNo,12までに”KT” “Q” を加えて、それぞれにスタンダードと「☆」の合計で28種類(スタンダードには”B” シャンクもある)がアンダーパーツの方。
リムのフィット感やコンセプトに特別なクセを感じられるところもないようで、他のマウスピースからも無理なくチェンジし易い。またサウンド的には、マイク「ノリ」が良いようなタイトで指向性があるところからスタジオワークでのニーズが高いようです。

このブランドには特に標準仕様というものがなく、それぞれのパーツから膨大な組み合わせが出来上がるため、サウンドメイクのポイントを持ったプレーヤー向きの「自己完結型」マウスピースと言えます。またジョイント部のスクリュウサイズがこのメーカと同じものが他メーカでも使用されていることがあるのでそれらとの組み合わせも興味深いところです。
 

New Item
Warburton Top & Under Parts
1、トップパーツのカップの方にNo,6 ES が入荷しました。レギュラーモデルですが、通常浅いものだと”S”カップまでのもの大半で、ここまで浅いものは出回っていません。
やり過ぎかな?って思わなくもありませんが、扱いきれるのなら、ブリリアントな明るさとシェイクやグリスアップの不安定さ、さらに!期待通りハイトーンでの当たり方が大笑い!
2、アンダーパーツもスタジオワークに人気の高い”KT”、あと比較的新規商品である”Q”も入荷しました。レギュラーNo.5~10も在庫あります。