Otto Link Soprano Sax Mouthpiece “Rubber”

メーカ名  Otto Link
型番・仕様 Tone Master・Rubber
ジャズテナーの王道的マウスピースと言うべきブランドでご存知の方も多いはずですが、ソプラノの方はというと、ほとんど見かけることがなくメタル共々存在感が著しく薄いマウスピースです。

音色は暗めーでも「暗い」と言うより「明るく」ない・・・。
(その音色からか?)ラフな扱いをしても鋭くなり過ぎないところと適度に色彩感が感じられるところがポイント、プラノサックスの性格上タイトになりがちな辺りを差し引いても、テナーのイメージはあまりありません。
はっきりとした方向性からチョイスされる事は少ないので、コントロール性もそこそこ、パワフル(っぽくはありませんが)にも吹けなくはないようですから、まずは「価格面と取っ付き易さから・・・」で使ってみるのがおもしろいかな?っていうマウスピースです。
当店の二番押しです。