Category : テナーサックス・マウスピース

Gottsu Sepia Tone “Hibiki” Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名:Gottsu 型式・仕様:Hibiki・SP シャープなチップレールに高い精度のテーブル面など高品質を保ち、ミディアムハイトバッフルとミディアムラージチャンバーをベースに独自の方向性から新たに生まれた、最新メタル第二段がSepia Tone の"Hibiki" 一般に「この手のマウスピース」というと、ピーキーさとデリケートが求められるイメージがありますが、中程度のバッフルにチャンバーを縦方向に大きく(容積を)採ることによってマイルドさに視点を置いており、ひたすらシャープさを狙っている訳ではありません。 そのままストレートに吹いてみると、(期待どおりの)ちょっと荒めなハードな部分が押し出され、その鳴り方からブライトに感じるようですが、音色は(意外と)暗め。全体的に言って、までまとまり感のあるエッジィな鳴り方が特徴です。 先ほどのハードなサウンドから程よいエッジを効かせて、ビックバンドをはじめスカバンドなどでのパワフルにポップなプレイが楽しいところ。一方で広ーいテナーサウンドの世界にあってどこを目指すか?は、たくさんの好みが噴出するところですが、「広がりすぎず締まり過ぎず」とじわっと出てくる「古さ」を使って、よりジャジーな使い方に新たなサウンドメイクの可能性を思わせるマウスピースです。 メタルににしてはリーズナブルなプライス設定、(マウスピース本体に)吹き辛さを感じるような極端なスリムさはなく、クラスを問わない扱い易さはすでに実証済みで方向性が一致しそうならメタル初級者にも試してもらいたい一品です。。本体のみ、リガチャー、キャップの付属はありません。

続きを読む

Gottsu Sepia Tone “Jazz Metal” Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名:Gottsu 型式・仕様:Jazz Mwtal・SP シャープなチップレールに高い精度のテーブル面などメイドインジャパンの高品質とロールオーバーバッフルにミディアムラージチャンバーをベースとして独自の方向性から新たに生まれたのマウスピースがSepia Tone "Jazz Metal"   全体的に言ってニュートラルから暗めの方向、マイルドで伸びのある中高音域のトーンが特徴的です。ストレートに吹いたところで「ちょっと聞き」では、そのダークなサウンドがラバーっぽさを思わせなくもありませんが、暗めに寄った音色でゴリゴリっとした硬質なサウンドが、いかにもメタルらしさを感じさせるところです。 ザらっとしたエアノイズを含ませてジャジーな使い方が最も王道的ですが、少ーしエッジの効いたくらいのサウンドが意外にコンテンポラリイでエレクトリックバンドなど、ポップにプレイしてもハマリそうなのも不思議なところ、方向性を限定せずに「いろいろやってみたい」など汎用的なサウンドメイクなら特におススメのマウスピースです。 くわえたときのヴォリューム感はメタルの中では中程度、コントロール性も高く、「コツ」や「慣れ」を特別必要とすることもない扱い易さはすでに実証済み。本体のみ、リガチャー、キャップの付属はありません。

続きを読む

Selmer ”Soloist” Rubber Tenor Saxophones Mouthpiece

メーカ名  Selmer 型番・仕様 Soloist (ソロイスト) Rubber セルマーバリエーションの一つで、元々は、何十年か前に生産されていたものが数年前に再生産されたマウスピースで、「オールド」ものの復刻版。   (セルマー)バリエーションの中ではアルトサックスと同じく、透明感のある暗めな音色でまとまり感があり、テナーサックスの性格上、アルトよりは落ち着いたサウンドに仕上がります。 S-80同様に、まとめ易いサウンドと安定した吹奏感など、セルマー特有の扱い易さを生かして、どちらかと言えば繊細さに重きを置いた使い方が多いマウスピース。またブランドとしてのニーズは地味な存在ですが、「エグミ」を入れて透明感を消すことでジャズシーンでも密かに活躍。ポイントを絞り込んで演奏にもう一段踏み込みたいプレイヤー向けと言えるかもしれません。 表示はS-80と同じ、ただし設定はC☆からFまで。本体のみ、純正のリガチャー・キャップが別売りされています。

続きを読む

Otto Link・Metal Tenor Saxophone Mouse Piece

メーカ名  Otto Link 型番・仕様 Metal.GP 比類を見ない太くてダークなサウンドは、Jazz Tenor のスタンダードというべき存在。クリアなセンターが存在し、また「ツヤ」があって、パワーも出る「メタル」は、ジョンコルトレーンをはじめ数々のテナーマンが愛用し、今尚クラスを問わず愛用者が多く、一度は使ってみたいマウスピースの一つです。   ビギナー向けとは言い難い「メタル」製マウスピースにあって、くわえた時のヴォリューム、音の立ち上がりや出し易さなど、比較的扱い易いもので、初級者の方でも硬めになりますが、ジャジーなサウンドの一端を堪能できそうなところも人気の一つ。 ただし、あのウッドチックなジャズサウンドにおける「オットーリンク メタル」独特のサウンドメイクには、それなりのコツが必要と言えるので、エアの使い方をはじめ、ある程度コントロールできるまでは Opening No,Xやリードの番手などに注意して扱う方がよさそうです。 さてそのオープニングですが、4☆、5,5☆、6、6☆〜9☆が標準設定、それより以外のモデルナンバーはプラスαの受注生産品です。 リンクサウンドとも言える独自のリガチャーとキャップが標準装備。

続きを読む

YANAGISAWA Metal・Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名:YANAGISAWA 型式・仕様: Metal 「Made in Japan」であるヤナギサワは「丁寧な造り」と高い完成度から長年に渡り根強い人気を誇っています。   暗めの音色と少しエッジの効いたタイト感のあるテナーサウンドは、ちょっとパワフルに扱ってビッグバンドにおけるジャズシーンなどが使い方の一つかと…。 エアースルーがスムーズでコントロール性も高いこところからサウンドメイクもし易く、演奏(銜えた時の)時のヴォリューム感は、メタルの中にあって中程度、それらをふまえて比較的扱い易いマウスピースの一つであり、(メタルマウスピースを)初めて使う方には是非試して頂きたいものの一つです。 サイズは、一般的な5番から9番までの整数表示のみ。それ以外でもオーダーを出せば製作は可能とのこと、ただしチャンバーは現行モデルのみ。専用リガチャー・キャップ付きです。

続きを読む

Meyer Rubber Mouse Piece for Tenor Saxophone 

ブランド名: Meyer 型番・仕様 :"M"・Rubber 高い汎用性を持つアルトサックスでの圧倒的な人気の高さから比べると、メタルの需要も高いこともあってか、テナーサックスでのメイヤーマウスピースの存在感は(アルトに比べて)かなり地味…。 方向性を狭く絞ったこのマウスピースは、ゴリゴリと力でプッシュするよりは、息使いの聞こえそうな小さい「ハコ」など、シビアで繊細さを重視したい場面での方が持ち味を発揮。全体的にタイトに設定されているチップオープニングがニュアンスを付け易く、細かく微妙なサウンドメイクが得意技。ダークで雑味のある音色は、ジャズテナーの王道と言うべき、シブいジャズサウンドを味わわせてくれます。 オープニングは全体的に言ってクローズド、(4番から)10番までありますが、先程も述べたように他のマウスピースほど「チップオープニング」が大きくありません。またアルトのように定番という存在が無く、6番~9番の需要が一般的です。その他にもグレゴリータイプ(G by Meyer)も存在しますが、日本での販売はありません。 リガチャー・キャップ付きです。  

続きを読む

Otto Link 90th Anniversary Model Metal Mouthpiece

ブランド名: Otto Link 型番・仕様 :90th Anniversary Model Metal オットーリンク90周年記念モデルで、シャンクのくびれなど外観形状やナンバリングポジションを当時のものに準じた、いわば「オールドモデル」の復刻版。   特段のクセも無く、鳴らし易い部分は、スタンダードのオットーリンクと相通じるところですが、加えてそのスタンダードモデルよりチップレール付近の形状変更やチャンバーの構造を従来のものより大きく取っているなど、細部を作り込むことによって、より太くて自然なにごり感がブレンドされた、独特のダークな「オールド・リンク」に近づいたサウンドとなっています。その他にもリンク特有のリガチャーが金メッキ仕上げとなり、更に心をくすぐるシリアルナンバー入り。サウンドもルックスも充実したリボーンの「オットーリンク」は、たっぷりと吹き込む事により、一段と深みのあるテナーサウンドをオールドの香りとともに存分に味あわせてくれそうで、ジャズテナープレイヤーは一度は使ってみたい一品です。 定番のあのリガチャーとキャップと巾着袋付き、ボックスはスタンダードとリバースタイプのカラー

続きを読む

Otto Link “RG” Mouse Piece for Tenor Saxophone 

ブランド名:Otto Link 型番・仕様:RG Metal Otto Linkというものの大抵の方が想像するあのOtto Linkではなく、RGと名乗る「別物」のモデル。その"RG" とは製作者“Rocky  Giglio”の頭文字からとられたもの。 全体的にスリムな外観ながら、ビークに厚みを持たせた独特のヴォリューム感が従来のオットーリンク(のイメージ)と言うよりは… 全く別物!そして、これまたオットーリンクとは、全く想像のつかない大胆なのチャンバーからは、タイトでエッジの効いたドライなサウンドで、もちろんこっちも全くの別物!! 同様にラバーもありますが、似た物何とか…こちらもメタル同様テナー用のみ。オープニングサイズもシンプルな設定で#108,#118,#128 と、これも全くの別物!!!

続きを読む

Berg Larsen Metal”M” Mouse Piece for Tenor Saxophone

ブランド名:Berg Larsen 型式・仕様:"M"・Metal   オットーリンクとならぶ老舗ブランドの一つで、ソニーロリンズに代表されるメタルのマウスピースは、材質としても少し珍しいステンレススティール製。 チャンバータイプによってその印象は変わってきますが、その材質からくるイメージとは異なり音色は全体的にいって真にダーク。またヴォリュームも出せてまとまり感のある太いサウンドは、「押したり」「引いたり」とザックリと、ある面では「雑」に吹く方にうまみが感じられます。オープニングはラバーと同様#95,#100~#130まででラーセンの先ほどの「うまみがある」といわれるのは比較的広めなオープニング。(ただしその分エアも相当必要になってくるため、ミドルクラス以上の方でないと実感できないかもしれません)一方チャンバーは、ラバー同様4種類ありますが、3Mぐらいになるとリンク(Otto Link)以上にエアが入るため、そういう方向性を切望される方向けかと…オープニングとのバランスを取りながらのチョイスがオススメです。あと比較的入手が容易なところは、1・2Mの2種類で他はオプション扱い。 (ベルグラーセンの代表的プレイヤーはソニーロリンズ氏と故松本英彦氏。両者の違いはチェンバーの違いによるもの)

続きを読む

Selmer・S80 / S90 Rubber Mouse Piece for Tenor Saxophones・

メーカ名  Selmer 型番・仕様 S80 / S90 Rubber アンサンブルや吹奏楽などの合奏でも良く溶け合うなど、アルトサックス同様クラシックプレーヤーのスタンダードとも言えるものでクラスを問わず愛用者の多いマウスピースです。 ビギナーの方がはじめに使用する上で、鳴らし易さやコントロールのし易さなどからおススメするものの一つで、「ジャンルの方向性から」という別の選択があっても、特に「初心者向き」ということではありません。 S−80の表示は、アルファベット表示でオープニングの狭いB☆からHまでで、クラシックユースでのニーズが高いためC☆~Dまでが一般的。S−90は#170から10ずつおきに#200までで、こちらは#170&180が最もポピュラーなナンバーです。 本体のみ、純正のリガチャー・キャップは別売となっています。

続きを読む