Category : ソプラノサックス・マウスピース

Otto Link Soprano Sax Mouthpiece ”Metal ”

メーカ名  Otto Link 型番・仕様 Metal・GP ジャズテナーでは王道的マウスピースと言うべきブランドでご存知の方も多いはずですが、ソプラノ用としての存在感は著しく小さく、その未知なる可能性を広げられるプレーヤーを待っている(かもしてない)マウスピースです。 メタル製マウスピースによくあるようなコントロール性に難を感じることは少なく、「初心者でも・・・」とは厳しくも、ある程度経験値のある方なら、特別に扱いにくいということはありません。テナーの「シブさ」とは無縁の明るい音色で、ラフと繊細さが同居し(じっくり考えても)オットーリンクのソプラノに対するサウンドの方向性がどこにあるのか、図りかねるところです。ジャンルにとらわれず、汎用的に・・・とか、気の赴くまま・・・とか、サウンドの成り行きに任せるのであれば、メタルらしくパワフルに弾けて、楽しいマウスピースと言えます。 メタルのオープニングは、各Noに“☆”が付いたもののみ。一応、キャップと若干不安なリガチャーが付属しています。

続きを読む

Otto Link Soprano Sax Mouthpiece “Rubber”

メーカ名  Otto Link 型番・仕様 Tone Master・Rubber ジャズテナーの王道的マウスピースと言うべきブランドでご存知の方も多いはずですが、ソプラノの方はというと、ほとんど見かけることがなくメタル共々存在感が著しく薄いマウスピースです。 音色は暗めーでも「暗い」と言うより「明るく」ない・・・。 (その音色からか?)ラフな扱いをしても鋭くなり過ぎないところと適度に色彩感が感じられるところがポイント、プラノサックスの性格上タイトになりがちな辺りを差し引いても、テナーのイメージはあまりありません。 はっきりとした方向性からチョイスされる事は少ないので、コントロール性もそこそこ、パワフル(っぽくはありませんが)にも吹けなくはないようですから、まずは「価格面と取っ付き易さから・・・」で使ってみるのがおもしろいかな?っていうマウスピースです。 当店の二番押しです。

続きを読む

Selmer Super Session Soprano Sax Mouthpiece

ブランド名:Selmer 型番・仕様:Super Session・Rubber 洒落たネーミングですが、あのセルマー社とは思えぬ「なんでこんなの?」と奇抜(過激)なオープニング(H,I,J)から発売され、その後にジョーシキ的な現在のライナップ(E~)になったマウスピース。扱い易い自然な吹奏感は、S80シリーズ同様、セルマーマウスピースの得意とするところであり、目立たないところですが大事なポイントの一つです。 全体的に言ってS-80シリーズに主流がありましたが、クラシカルなジャンルは別として、新たなジャズサウンドのスタンダードとなりつつあるのはこちらの方。 プレイヤーにとってセルマーのマウスピースに共通する安心して扱えるところがありますが、それゆえそのまま成り行きで吹いてしまうと淡白に感じるかもしれません。 ストレートでまとまり感のある太めのサウンドで、パワーが十分すぎるほど出せますし、マイルドなサウンド作りやベンドやサブトーンなどコントロールもし易いところから、まずはあれこれやってみたい方にはおすすめです。 また従来のセルマーとは異なる、短めの変わったルックスも特徴的。オープニングサイズは、S-80と同じくアルファベット表示ですが、スタートは“E”から広いほうへラインナップ。 本体のみ、リガチャー・キャップはセルマーの純正が別売りであります。

続きを読む