Category : 木管マウスピース

Daddario Alto Sax Mouthpiece

メーカ名:Daddario 型式・仕様:Rubber ブランド名はダダリオ。あまり聞きなれないブランドですが、昔の「リコ」といえばご存じの方もいらっしゃるかもしれません。それでも「知らない!」という方、リードはともかく、マウスピースなんぞを真面目(?)に作っていたのはもう ん十年前の事、知らないのも無理はありません。 そしてこの度、地味ではありますが、マウスピースもこっそり発売されました。 100%人手を介さないコンピュータ制御のCNCマシンによって製作されているところからバラつきを極力排し、コツやクセなどを感じる事なく、ビギナーの方でも安心して使用できます。。 輪郭がはっきりしており、木目の細かいスモーク状のにごりと暗い音色が特徴で、そのままだと単調になりがちなので、よりダークで落ち着いたサウンド作りや逆位相に位置する楽器等と合わせるところで存在感を発揮しそうなマウスピースです。 オープニングが3種類でアルトサックス用のみ。

続きを読む

Rousseau ”JDX” Alto Saxophone Mouthpiece

メーカ名  Rousseau 型番・仕様 Rubber "JDX" ユージンルソー氏が手掛けたマウスピースでジャズユースを意識したものの一つが”JDX”、ちなみにもう一方は”SJ”。   この「手」のマウスピースにしてはちょっと見に、ピーキーなバッフル構造―に見えますが、実際には全く正反対、モノトーンのような…暗めの音色が特徴的なマウスピースです。 そのキャラクターからビックバンドやホーンセクションのリードなど、ポップな場面でパワフルにゴリゴリ吹くより、ダークな(渋い)音色を生かし、コンボジャズなどを中心に繊細さにプレイして、コンパクトにまとめる方が持ち味を発揮しそうです。比較的扱い易いもの一つで、初中級クラスの方でもコントロールを含めサウンドメイクに難点を感じることも少なそうですが、クラスを問うよりも音楽の方向性や味付けでチョイスするマウスピースと言えます。 サイズナンバーは、#4、#5、#6…でオーソドックスな表示方、マウスピースのみの販売でリガチャー、キャップの付属はありません。

続きを読む

Selmer S90 /S80 Alto Saxophone Mouthpiece

ブランド名: Selmer 型番・仕様 S80 / S90 Rubber   クラシックプレーヤーのスタンダードとも言えるマウスピースで、高い完成度を誇り、透明感のある音色は、吹奏楽などの合奏で大変良く溶け合い、楽器本体とともにご存知の方も多いはず。 力でプッシュするタイプではありませんが、鳴らし易さやコントロールのし易さなど、そのクセのない吹奏感からクラスを問わず愛用者が多く、サックスプレーヤーにおけるベーシックなマウスピースの一つと言えます。S80、S90ともにトラディショナルなセルマーサウンドですが、広がり感やまとまり感など、プレイヤーによっては、大きく違いが感じられる部分もあります。これらをひとまとめにするには少し乱暴かと思うところありますが、例えて言うなら「男性的な」S-80に対し、「女性的な」S-90と言ったところかと…。 S-80のサイズ表示は、アルファベット表示でオープニングが「クローズド(狭い)」のB☆から「ベーリーオープン(非常に広い)」のHまでですが、ニーズが高いものはC☆からあってもD、Eまでが一般的。S-90は#170から10ずつおきに#200までで、こちらは#170&180が最もポピュラーなナンバーです。 マウスピース本体のみ、リガチャー、キャップは別売りで純正があります。

続きを読む

Clarinet Mouthpiece Vandoren 5RV

ブランド名:Vandoren 型式・仕様:5RV リードメーカとしてご存知の方も多いかと思いますが、同時にクラリネットやサックス用のマウスピースメーカとしても、知名度が高いのがバンドレン。特にクラリネット用のマウスピースは創業者一族が、プレーヤーであり、この「5RV」は彼ら自身の開発によるものと言いますから、知名度が高いのも無理がありません。 音色は暗め、クリアフォーカスでコアを感じさせるようなまとまり感のあるサウンドが持ち味。前述のようなことから「初心者用の…」と言うことではありませんが、ビギナーの方にも鳴らしやすく、コントロールもし易いため、クラスを問わず愛用者が多いよう。 限定されるものでもありませんが、リードメーカ(バンドレン社)としては(「コシの強さ」が)中程度からやや強めのものとのコンビネーションを推奨しています.   

続きを読む

Clarinet Mouthpiece Vandoren 5RV Lyre

ブランド名:Vandoren  型式・仕様:5RV Lyre リードメーカとしてのネームバリューも高いものがありますが、同時にクラリネット用のマウスピースメーカとしても、ポピュラーと言えるがバンドレン。そのバリエーションの一つが、この「5RVライヤー」です 明確なコアがあり、広がり感のあるマイルドなサウンドが特色なのに加え、しっとりとした暗めな音色が合奏でもよく溶け合い、またクラスを問わない扱い易さから吹奏楽やアンサンブルなど、大変ポピュラーなマウスピースです。 リードメーカ(バンドレン社)としては、中程度からやや強め(もう若干強くても大丈夫かも?)なリードを推奨しています。

続きを読む

Selmer Super Session Soprano Sax Mouthpiece

ブランド名:Selmer 型番・仕様:Super Session・Rubber 洒落たネーミングと奇抜(過激)なオープニング(H,I,J)から発売され、その後に現在のライナップ(E~)になったマウスピース。扱い易い自然な吹奏感は、S80シリーズ同様、セルマーマウスピースの得意とするところであり、目立たないところですが大事なポイントの一つです。 かつて主流がS-80シリーズにありましたが、クラシカルなジャンルは別として、新たなジャズサウンドのスタンダードとなりつつあるのはこちらの方。 パワフルに吹いてタイト感のあるソリッドなサウンドが感じられますが、コニカルチック(?)でやや暗めの音色が、意外にマイルドさも感じさせます。コントロールもし易く、ラフに扱っても暴れすぎることもないので、プレイヤーに安心して扱えるマウスピースです。また従来のセルマーとは異なる、短めの変わったルックスも特徴的。オープニングサイズは、S-80と同じくアルファベット表示ですが、スタートは“E”から広いほうへラインナップ。 本体のみ、リガチャー・キャップはセルマーの純正が別売りであります。

続きを読む

Vandoren ”V16″ Soprano Sax Mouthpiece

ブランド名:Vandoren 型番・仕様 “V16” Rubber アルトやテナーの項目ですでにご存じのとおり、バンドレンのジャズユースに開発された「V16シリーズ」のソプラノサックス用マウスピースです。 以前はクラシックプレーヤーでのポピュラーな「V5シリーズ」のうち、S35,S25等をジャズシーンで使用しているプレイヤーもあり、この辺りはセルマーS80と共通するところです。 ニュートラルからやや明るめの音色にほんのりと濁りが入り、ストレートとはいかないまでもソリッド感が感じられるサウンドです。アルトやテナーをそのまま小さくしたようなルックス、扱い易いマウスピースの一つでその辺を中心にすると万人向け。先ほどの特徴でそのモニター性から見ると、ちょっとしたコツの掴みと慣れが必要でそれを重視すると「ツウ」向けと言えます。 本体のみ、リガチャー、キャップは別売り。

続きを読む

Otto Link・Metal Tenor Saxophone Mouthpiece

メーカ名  Otto Link 型番・仕様 Metal.GP 比類を見ない太くてダークなサウンドは、Jazz Tenor のスタンダードというべき存在。クリアなセンターが存在し、また「ツヤ」があって、パワーも出る「メタル」は、ジョンコルトレーンをはじめ数々のテナーマンが愛用し、今尚クラスを問わず愛用者が多く、一度は使ってみたいマウスピースの一つです。   ビギナー向けとは言い難い「メタル」製マウスピースにあって、くわえた時のヴォリューム、音の立ち上がりや出し易さなど、比較的扱い易いもので、初級者の方でも硬めになりますが、ジャジーなサウンドの一端を堪能できそうなところも人気の一つ。 ただし、あのウッドチックなジャズサウンドにおける「オットーリンク メタル」独特のサウンドメイクには、それなりのコツが必要と言えるので、エアの使い方をはじめ、ある程度コントロールできるまでは Opening No,Xやリードの番手などに注意して扱う方がよさそうです。 さてそのオープニングですが、4☆、5,5☆、6、6☆〜9☆が標準設定、それより以外のモデルナンバーはプラスαの受注生産品です。 リンクサウンドとも言える独自のリガチャーとキャップが標準装備。

続きを読む

Selmer S80 Soprano Sax Mouthpiece

ブランド名  Selmer 型番・仕様: S80・Rubber アルト、テナーサックスと同様に透明感のある暗めな音色と広がり感のあるサウンドが特徴です。クセのないイージーな吹奏感からクラスを問わないコントロール性の高さがあり、ソプラノサックスにおけるちょっとした難易度の高さからマウスピースの選択肢が増えた現在でもポピュラーな存在です。元々クラシックプレーヤーを中心に高い人気がありますが、アルト、テナーと異なるところは、それ以外のジャンル…ジャズプレーヤー等に広めのオープニングを中心にニーズがあること。この辺りもセルマーのソプラノサックスにおけるマウスピース選択における特徴の一つとも言えます。 アルト、テナー同様オープニングサイズはC☆からのEまでのアルファベット表示。 本体のみ、リガチャー・キャップはセルマーの純正が別売りであります。

続きを読む

Rousseau Rubber Bariton Sax Mouthpiece

ブランド名:Rousseau 型式・仕様:JDX・Rubber アメリカ製ブランドでクラシカルにもジャジーにも適度にネームバリューがあり、これまたプロ、アマを問わず適度に愛用者が多いマウスピースの一つです。 タイプは一種類、アルトやテナーのようなバリエーションはありませんが、それらに似ても似つかわしくない(ちょっと大げさですが)個性的なバッフル構造。 一般的なラバーの特性(イメージ)使って細かく立ち回るのも面白いところですが、その一方で大胆に…ちょっと下品に扱い、メタルのような粒の粗い、ビックバンドでもそれなりに対抗できるくらいのハードサウンドも特徴の一つです。 音色は暗め、比較的コントロールもしやすいマウスピースの一つ。リガチャーとキャップが付属。

続きを読む

YANAGISAWA Metal・Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名:YANAGISAWA 型式・仕様:Metal・SP 「Made in Japan」であるヤナギサワは「丁寧な造り」と高い完成度から長年に渡り根強い人気を誇っています。   暗めの音色と少しエッジの効いたタイト感のあるテナーサウンドは、ちょっとパワフルに扱ってビッグバンドにおけるジャズシーンなどが使い方の一つかと…。 エアースルーがスムーズでコントロール性も高いこところからサウンドメイクもし易く、演奏(銜えた時の)時のヴォリューム感は、メタルの中にあって中程度、それらをふまえて比較的扱い易いマウスピースの一つであり、(メタルマウスピースを)初めて使う方には是非試して頂きたいものの一つです。 サイズは、一般的な5番から9番までの整数表示のみ。それ以外でもオーダーを出せば製作は可能とのこと、ただしチャンバーは現行モデルのみ。専用リガチャー・キャップ付きです。

続きを読む

YANAGISAWA Metal Bariton Sax Mousepiece 

ブランド名:YANAGISAWA   型番・仕様: Metal ・GP Alto、Tenorですでにおなじみ、信頼性の高さの証である「Made in Japan」は、丁寧できれいな仕上がり。クラスを問わず扱い易いものの一つで、先ほどの出来栄えによる安心感や、安定性へのリクエストが少なくないバリトン用のメタル製マウスピースの中では、高い人気を誇っています。 低音から高音域までエアの通りが素直でスムーズ、暗めの音色や少し硬質なサウンドが特徴的。 メタルらしいゴツゴツとハードにパワフルにビックバンド等、また上手くまとめてラバーっぽくプレイしてコントロール性の高さを上手く使ったサウンドメイクが持ち味といえそうです。 専用リガチャーおよびキャップ付き。

続きを読む