Category : アルトサックス・マウスピース

Bobby Dukoff Metal Alto Sax Mouthpiece

メーカ名  Bobby Dukoff 型番・仕様 Metal Type "D" ロックやフュージョン系ミュージックでの人気が、非常に高いメタル製の代表的なマウスピース。 チップオープニングのチョイスをはじめ、メタル特有のフィット感、ピーキーな性格からシビアなエアーコントロールを伴うなど、ある程度以上の経験者でないと薦められないところはありますが、うまく手懐けられればハードでブリリアントなハイパワーサウンドが炸裂! 代替品の普及や音楽の方向性などから、かつてのような熱~い人気はありませんが、ロストワックス製法による独特のチャンバー構造とその雑な仕上げが、電子楽器に対抗すべく「メタルウ!!」のおもしろさを存分に発揮!場合によってはあなたの願いをかなえてくれるかもしれません。 表示はD5~、数字はオープニングで、その前のアルファベットはチャンバーのタイプ。タイプD(デビッド サンボーンが長年愛用していたモデルは“D8”)の他、N,M、F、P、Lなど、その自慢であるロストワックス製法を生かして様々なタイプが製造されていましたが、現在ではそのほとんどが入手不能、アルト用ではタイプDがちらほらと入荷があるのみ…。 「リガチャー、キャップ付き」ですが、オリジナルを使う方がほとんどいないのも特徴の一つと言えます。

続きを読む

Great Nech Original ARB Alto Sax Mouthpiece

ブランド名:ARB 型式・仕様:Great Nech Original オールドブリルハート(トナリン)の材料を使用して現代に復刻したマウスピース(保管材料がなくなり次第生産終了です)   「見た目」と違い…とも言えますが、トーンはダークでスモーキー。サウンドの印象からは、パワフルで刺激的なサウンドを期待(プレイ)するのであれば、他に選択肢がありそうなので、このマウスピースの場合、どちらかといえばじっくりとサウンドメイクを楽しむ方向に詰めていく方が持ち味を発揮し、楽しくプレイできそうです。あと雰囲気的に吹き易さを含め扱い易さを重視しているわけではなさそう(かと言ってコテコテにアクがあるわけでもない)なので、ざっくりとラフに扱ってみるのも一つの方向かも知れません。 その他にも、ラバーのマウスピースの中にあって、なかなかお目にかかれない乳白色なので、サウンド重視はもちろんですが、少し際立ちたい、もしくはC.パーカーの気分になりたいなど、ビジュアル重視の方には必見かも…。 本体のみ、リガチャー、キャップの付属はありません。  

続きを読む