Category : 木管マウスピース

再構築中

Please wait.....

続きを読む

Meyer Type “MM” Alto Sax Mouthpiece

メーカ名  Meyer 型番・仕様 Rubber Type "MM" ジャズサウンドの王道とも言える独特のザラついたダークな音色、アルトサックス用の中では、ラバーにありながらメタル並みのパワーも出せ、クセの無い扱い易さなどからして幅広いミュージックシーンで活躍するマウスピースです。ミディアムチャンバー、ミディアムフェイシング仕様が最も標準的(メイヤーサウンド)と言えるものですが、他に「G(グレゴリータイプ)」モデル、「RC(リッチーコールモデル)」などバリエーションも多彩。初級者のみならず上級者まで多くの愛用者があり、ジャズアルトのスタンダードとも言え「一度は使ってみる」と言うべき存在です。 また近年オールド(Meyer Bros等)ものの評判からそれらの復刻盤とも言えるマウスピースが多数誕生していることからもその人気の過熱ぶりがうかがえるところ。   いろんな有名人が使っていますが、代表的なプレイヤーを挙げると渡辺貞夫さんです。他にもよく来福され、ビックバンド等でゲスト出演されている大森あきらさんもそうで、今でもシブーいジャズサウンドを聞かせてくれています。 ソロもですが、解説にもあるようにパワーを生かしてビックバンドでは必ず!と言ってよいほど使って(持って)いるブランドです。また持ち味とも言える特有の「ザラつき感」が、ジャズテイストと言うべき「バズ」を含ませるのに相性がよろしく、そこのところもジャズスタンダードに押し上げた要因かな?と思っています。 オープニングは4番から。定番の5番(MM)はメイヤーの王道といえるサウンド、また6番の需要も高く、スタンダードではチャンバーやフェイシングの選択も可能。グレゴリータイプ(G by Meyer)も同一のオープニング表示、「リッチーコール」モデルは5番の一種類のみで、先ほどのグレゴリータイプ(G by Meyer)と同じくチャンバー、フェイシングの選択はありません。 リガチャーとキャップが付属しています

続きを読む

NOVA Type “M” Alto Sax Mouthpiece

Alto Saxophone Mouthpiece メーカ名: NOVA 型番・仕様:Type "M" ・Rubber ヨーロッパやメイドインジャパンの躍進が進む昨今、Made in USA、By Mr C.W.Fobesによるマウスピースです。 ストレスフリーの滑らかなエアースルーで、その吹奏感おいて特にクセ(あえて言うならそのエアースルーかも)もなく、全音域にわたってまとまりのあるストレートなサウンド。ハイレンジでの独特なトーンの「アタリ」方が特徴的です。(プレーヤーより聴き手サイドの方がより実感できるかもしれません) そのサウンドにはブライト感があり…ソフトに口説くと濃厚で甘い音色がモダンテイストを感じさせます。(モニター性の観点から)全くの初心者にはおススメできませんが、パワフルに演奏してフルバンド等でスマートに、ライトにこなして細かなニュアンスに音色の深みを際立たせたソロ&アンサンブルがポップな使い方。ジャンルも特に選ばず、これからの期待が高まりそうな当店2番押しの新進気鋭のマウスピースです。 オープニングは、5番から8番までの設定。クローズド気味のオープニングで6番が一番人気です。オリジナルサウンドに影響しない程度に若干のアレンジを追加しています。 身近なプレーヤーと言うと、店に来られるお客さん。まあ当然ですが、けっこう主体性のサウンドが聞けます。「目立つ」わけではありませんが、そこの部分が「盛り上がる」ような感じで、そこが特徴的って言えばそうですね。

続きを読む

Otto Link Metal “90th Anniversary” Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名: Otto Link 型番・仕様 :90th Anniversary Model・Metal,GP オットーリンク90周年記念モデルで、シャンクのくびれなど外観形状やナンバリングポジションを当時のものに準じた、いわば「オールドモデル」の復刻版。   特段のクセも無く、鳴らし易い部分は、スタンダードのオットーリンクと相通じるところですが、加えてそのスタンダードモデルよりチップレール付近の形状変更やチャンバーの構造を従来のものより大きくえぐり取っているなど、細部(大胆に)を作り込むことによって、より太く、よりにごり感がブレンドされた、独特なあの「オールド・リンク」に近づいたサウンドとなっています。その他にも心をくすぐるシリアルナンバー入り。サウンドもルックスも充実したリボーンの「オットーリンク」は、たっぷりと吹き込む事により、一段と深みのある独自のテナーサウンドをオールドの香りとともに存分に味あわせてくれそうで、ジャズテナープレイヤーは一度は使ってみたい一品です。 定番のあのリガチャーとキャップと巾着袋付き、ボックスはスタンダードとリバースタイプのカラーボックス

続きを読む

Otto Link Metal Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名:Otto Link 型番・仕様 Super Tone Master・Metal,GP 比類を見ない太くてダークなサウンドが"Jazz Tenor"のスタンダードに押し上げたというべき存在。シャープなセンターが存在し、また「ツヤ」があって、パワーも出る「メタル」は、ジョンコルトレーンをはじめ数々のテナーマンが愛用し、長年にわたり、クラスを問わず愛用者が多く、一度は使ってみたいマウスピースの一つです。   ビギナー向けとは言い難いものが多い「メタル」製マウスピースの中にあって、くわえた時のヴォリューム感覚、音の立ち上がりや出し易さなど、比較的扱い易いもので、硬めのサウンドになりますが、初級者の方でもジャジーなサウンドの一端を堪能できそうなところも人気の一つ。 ただ、「オットーリンクのメタル」における、あのウッドチックな独特のサウンドメイクには、それなりのコツが必要と言え、エアの使い方をはじめ、ある程度コントロールできるまでは Opening No,Xやリードの番手を「控えめな物から」慣れていくのがポイントです。 さてそのオープニングですが、4☆、5,5☆、6、6☆〜9☆が標準設定、それより以外のモデルナンバーはプラスαの受注生産品です。 リンクサウンドとも言える独自のリガチャーとキャップが標準装備。

続きを読む

Otto Link Metal “RG” Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名:Otto Link 型番・仕様:RG・Metal Otto Linkというものの、大抵の方が想像するあのゴールドで太いOtto Linkではなく、RGと名乗る「別物」のモデル。その"RG" とは製作者“Rocky  Giglio”の頭文字からとられたもの。 全体的にスリムな外観ながら、ビークに厚みを持たせた独特のヴォリューム感。従来のオットーリンク(のイメージ)と言うよりは… 全く別物!のルックス。そして、これまたオットーリンクとは、全く想像のつかない大胆なバレット型バッフルからか、タイトでエッジの効いたドライなサウンドを作り出し、もちろんこっちも全くの別物!!です。 タイトでエッジの効いたドライなサウンドは、ポップでライト、どちらかと言えばコンテンポラリーな・・・従来型のオットリンクとは違った方向がおススメです。 メタル同様テナー用のみ。オープニングサイズもシンプルな設定で#108,#118,#128 と、これも全くの別物!!!

続きを読む

Gottsu Metal “Sepia Tone Hibiki” Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名:Gottsu 型式・仕様:Hibiki・SP シャープなチップレールに高い精度のテーブル面など高品質を保ち、ミディアムハイトバッフルとミディアムラージチャンバーをベースに独自の方向性から新たに生まれた、最新メタル第二段がSepia Tone の"Hibiki" 一般に「この手のマウスピース(とは、どんなだ?)」というと、ピーキーさとデリケートが相反する性格が求められるイメージがありますが、中程度のバッフルにチャンバーを縦方向に大きく(容積を)取ることによってサウンドにマイルドさに視点を置いており、ひたすらシャープさを狙っている訳ではありません。 そのままストレートに吹いてみると、(期待どおりの)ちょっと荒めなハードな部分が押し出され、その鳴り方からブライトに感じるようですが、音色は(意外と)暗め。全体的に言って、まとまり感のあるエッジィな鳴り方が特徴です。 先ほどのハードなサウンドから程よいエッジを効かせて、ビックバンドをはじめスカバンドなどでのパワフルにポップなプレイが楽しいところ。一方で広ーいテナーサウンドの世界にあってどこを目指すか?は、たくさんの好みが噴出するところですが、「広がりすぎず締まり過ぎず」とじわっと出てくる「古さ」を使って、よりジャジーな使い方に新たなサウンドメイクの可能性を思わせるマウスピースです。 メタルににしてはリーズナブルなプライス設定、(マウスピース本体に)吹き辛さを感じるような極端なスリムさはなく、クラスを問わない扱い易さはすでに実証済み。方向性に限らず、メタル初級者にも試してもらえる一品です。本体のみ、リガチャー、キャップの付属はありません。

続きを読む

YANAGISAWA Metal・Tenor Saxophone Mouthpiece

ブランド名:YANAGISAWA 型式・仕様:Metal・SP 「Made in Japan」の「ハシリ」であるヤナギサワは「美しく丁寧な造り」、安定した品質から人気の高いマウスピースの一つです。   暗めの音色と控えめなエッジ、タイト感のあるサウンドはメタルマウスピースの方向性の中にあっては、ミディアムな立ち位置。過激なフュージョンバンドやどっぷり浸かったジャズのような究極的な方向より汎用的な使い方が得意そうなマウスピースです。 エアースルーがスムーズでコントロール性も高いこところからサウンドメイクもし易く、演奏(銜えた時の)時のヴォリューム感は、メタルの中にあって中程度、それらをふまえて比較的扱い易いマウスピースの一つであり、(メタルマウスピースを)初めて使う方には試して頂きたいものの一つです。 サイズは、一般的な5番から9番までの整数表示のみ。それ以外でもオーダーを出せば製作は可能とのこと、ただしチャンバーは現行モデルのみ。専用リガチャー・キャップ付きです。

続きを読む

Meyer Type “G by Meyer” Alto Sax Mouthpiece

メーカ名  Meyer 型番・仕様 Rubber "G by Meyer" メイヤーマウスピースにおけるバリエーションの一つですが、材質とハイトーンレンジでの抵抗感以外は別物の位置付けと見るほうが良いのかもしれません。   ハードコアにスモークをまとったようなまとまり感のあるサウンドです。音色はニュートラルから暗く、ラフ気味(または丁寧)に扱い、ライトにプレイしてコンボジャズ等に向いているかと…。 他でも多く語られているようにポールデスモントが使っていたとされる「グレゴリー(オールド物)」の復刻版ですが、全くのコピーと言うことも無く、「方向性」を重視して使った方が旨みにありつけるかもしれません。 パワーも十分引き出せますが、その音質からか感覚的にオンプレイほど、パワフルに感じられないようです。「マッタリ」とか「ボヤッと」しているわけではありませんが、こちら(G by M)の方がよりマイルドなサウンドを作れるところはあり、「鋭さ」を問うならスタンダードの方が実感できます。 鳴らし方にコツが必要だという事は全く無いので、(メイヤーの)スタンダードと同じくクラスを選ぶと言うことはありあません。ただ微妙でファジーな立ち上がり、サウンドメイクの方向など細部にこだわるとビギナーの方以外のほうが、その恩恵にあやかれます。

続きを読む

Selmer “Soloist”  Alto Saxophone Mouthpiece

メーカ名:Selmer 型番・仕様:Soloist・Rubber 元々は、何十年か前に生産されていたモデルを再生産し始めた、いわば「オールド」ものの復刻版。セルマーマウスピースのバリエーションの一つで、地味ですがクラシカル、コンボジャズの双方にニーズがあります。   きめが細かくクリアー、クセの無い吹奏感など、安定感があって扱い易いところは、他のセルマーマウスピースと共通するところです。一見?したところではS-80と合い通じるところがありますが、音色はそれより暗め、よりまとまり感のあるサウンドを作り上げます。セルマーのマウスピースにあって「クラシカル」「ジャジー」ともにニーズがありますが、ベーシックなS-80/90とは異なり、「とりあえず」というよりサウンドメイクにもう一段踏み込みたいプレイヤー向けと言えます。 ジャズプレイヤーだとケニーギャレットの使用が有名ですね、オールド物(のショートシャンク:#1)を使っているそうですけど。でもまあ彼のアグレッシブな演奏を聴いていると、とても解説のようなイメージにはなりません。しいて言えば音色の暗さとにかすかに漂うスモーキーさくらいかと…。こんなスタイルだと他のマウスピースでもよくはないか?と、凡人よろしく思ってみたりもしますが、それだとケニーギャレットの意味が無いんじゃないんですか?って指摘されていました。そういったスタイルを狙うのもいいのだけれど、まずはノイズを含ませテナーがかった渋いアルトを目指すのがおススメです。 表示はS-80と同じ、ただし設定はC☆からFまで。比較的満遍なく需要が高いようですが、セルマー全体的なニーズで言うとS-80&90シリーズよりは、かなり控えめ。アルト&テナーサックス用のみの設定で、リガチャー、キャップは付属しません。 #1:「オールド物のショートシャンクを使っている」という話ですが、ショートシャンクを使っていた時期はあまり長くないのだそうです。(貴重にも本人と話したという)方がいうには、「このタイプのマウスピースはめちゃめちゃ気に入っていたわけではないらしく、なぜか同じソロイストでもロングシャンクのものをずっと使っている」と言っていたそうです。ただ「相当前の話だから今もそうなのか知らないけど…」

続きを読む