Category : used brass

オールド物も使い方次第!トラッドも捨て難い!スーパーサブ?

B♭Trumpet メーカ名:YAMAHA 型式・仕様:YTR-732 SP 目立たない凹み修復痕の他、バルブケーシングの親指と人差し指が触れる部分、同じくベル下にコイン程度や角々に小さなのメッキハガレがあって使用感はあるものの、生産時期からいっても全体的な見た目はきれいだ(と思う) YTR-8310 (=ボビー・シューモデル、例えるにはちょっと言い過ぎ感が漂わなくもないが、、、)のようなシンプルなフォルム。そういうととっても聞こえは良いが、型番が三桁で最近の学生さんだと、その親御さんの方が懐かしい30~40年のオールド物である。 (メーカコンセプトとして)どこら辺を狙ったか?を今更探って、そこをぷっしゅする気はないが、Mボア、リバースチューニングスライド、シンプルなルックスなどから想像するに、シンフォニックに使うよりスタジオワークの方が使い勝手がよさそうだと、思う。 そのまま普通に使うのも良いのだが、それでは勧める側もインパクトがない。かといって頼まれもしないのにレーシングカーみたいなものを作ってどうする?なんてことになっても困る(まあ作れもしないのだが…)から、先入観が変わる程度に調整して興味を引いてもらうことにしてみた。 今とは違う(当たり前だが)ヤマハの音がする。でもおもしろいのは、先ほどの「ボビーシュー モデル」みたいなフォルムをしているが、サウンドは(困った事に)あんまり似ていない。(特徴出すのに)小さなカスタマイズをしているせいか、鳴り方はタイト、、、まとまりがあり少々乱暴に吹いても「開く」っていう感じがない。鳴り方も硬めでマイク乗りのよさそうだ。音色は暗いほうか?落ち着きあり、特にコーティングされたハイトーンはハード過ぎないダイレクト感がありおススメポイントだ。なんともわかるようなわからないような表現だが、元々かれっじモデルでは無いので(控えめに)6310程度には出来上がっているだろう(と思う) オールドと言ってもやっぱりヤマハだった!ミディアムやロウトーンは満遍なくエアが抜けてくるのとピッチの取り易さに感心させられる。 クラシカルを主体でポップなものをよりポップにプレイしたい!正当(妙)にこだわる方に向けてアピールしたい一品です。 試奏程度はできますが、採集的に出来上がったら写真とともにアップします。 しばし、お待ちを!

続きを読む

ハードに叫び、ソフトに囁く、クレバーな使い方が面白い!ハンドクラフト

ブランド名:Schilke 型式・仕様:HC-1・LQ ファクトリー立ち上げ当時からのトラディショナルなサウンドを受け継ぐBシリーズから、最近のハードデザインなどニューモデルが投入されていますが、この"HC"は、シンプルなストラクチャーの"B"、ボアは"X4"のエクストララージの構成でちいさめ2段テーパーのベルが特徴なモデルです。 さてでっかいボアにシルキーときたら、まずはじめに来るのが吹奏感。まあトランペット場合、これより太いボア使っているレギュラーモデルはあまり見かけることが無いので数字だけ見てしまうとギョッとしてしまいます。「楽に吹けます!」なんてことは申しませんが、(数字的な事を入れずに)試奏されると「スムーズな吹奏感だ!」とか逆に「(シルキーにしては)そこそこ抵抗が……」などなど、(先ほどの)数字に比例しない感想が出るのは単なる勘違いかそれとも狙ったところなのか……。 二段テーパで先の方がかなり大きな広がり方ですが、それに比べるとベル自体は小さいところは一言で言えないサウンドを目指したもの。 カントリーチックな甘さ控えめーどちらかと言えば暗めの音色(!)に、パワフルでハードなレギュラーサウンドに「柔さ」が見え隠れする、新たなシルキーを発見できる一品かもしれません。 ベル縁と3番管先端によくある凹み修復痕(ラッカーハガレがあります)が主なダメージで、それらを除けばほとんど目に付くものはありません。ラッカーハガレも小さなキズ程度で美品と言えるものです。 管体洗浄、調整済みで税込販売価格¥286,200です。

続きを読む

深いコクが備わったBig Sound チコッと違う YAMAHA XENO

ブランド名:YAMAHA 型式・仕様:YTR8335N・限定品/GL 指掛けなど一部にラッカーのハガレはあるものの、凹み(修復痕)などの明らかなダメージはなく、大変よい状態です。 さてこの得体の知れない楽器ですが、ヤマハと楽器店(主に大手ですが)のコラボレートによる製品はこれに限ったことではなく、割合よくあることです。最近だと石森管楽器のYAS82Z、同じ82Z繋がりだと大阪の楽器屋さんでも限定品がありました。 20年ほど前、とある楽器店が中川喜弘氏監修のYTR8335&800とマウスピースとともに販売、本体の方は本数が本数だけにほとんど人の目に触れることなく終了したのがこのモデルです。 オプションのデタッチャブルリンケージが付いていないのとケースがあまりきれいでないのが難点と言えば難点です。 税込販売価格¥162,000

続きを読む

トレンディーだがスタンダードでない所がおもしろい!マイケルラス

メーカ名:Michel Rath 型式・仕様:R3・0,525inch Nickel Silver Slide/8 inch Nickel Silver Bell 柔らかめのあたたかい音色を追及し、ラージ管のような豊かなサウンドを追及してみたモデルです。 ジャズテナーの扱いやすさも兼ね備えたレアな一品。 税込販売価格¥367,200

続きを読む

リッチなダイレクトサウンドがたまらない!カスタマイズトランペット バック 

ブランド名:V,Bach 型式・仕様:180ML 37/25 GL The exchanged in silver Lead Pipe バ ックと言えばトランペットの代表的ブランドの一つでス。その中でも37番ベルと25番リードパイプの組み合わせは、バックサウンド言われるトラディショナルなモデルです。 一部に小さなキズやラッカーの傷み、リードパイプ交換におけるラッカー焼けはありますが、目立つようなキズ、あるいは凹み修復痕など見苦しさを感じさせるものは全くありません。本体は90年代半ば頃の製造品ですが、手入れの行き届いた程度のかなりよい中古品です。 クリアフォーカスでワームなサウンドが持ち味、その辺りが幅広いファンを持つところで、そのままでも充分満足して頂ける一品。 スターリングシルバーのリードパイプに交換したカスタムモデルは、多少の音の硬さを残しつつ、リッチネスなサウンドとなった新しいバックが味わえます。 税込販売価格¥178,200です。

続きを読む

安定感抜群!バックトランペット ストラド

ブランド名  Bach 型番・仕様 180ML 37/25 SP トランペットの代表的ブランドの一つであるバック。 このタイプは、もっともスタンダードと言えるモデルでクラスを問わず高い人気を誇ります。 ベルサイドなど細かなヘアラインや小さなキズ(デコボコ)など使用感はありますが、メッキ傷み、ハガレや凹み修復痕などの大きなダメージはありません。一般的に言うところの中古品って言うところですが、程度はかなり良い方。 エアーが入り易く、音色は暗め、低音域もしっかり鳴るので少し硬質ですが、アクティブな印象のサウンドです。 もちろん外側だけでなく、内側の方も管体洗浄やグリスアップ、オイル塗布などメンテナンスと調整を行っておりますので、クラスを問わず安心してお使い頂けます。お買い得価格に設定しました。 税込販売価格 ¥162,000

続きを読む

派手さはありませんが、埋もれぬ存在感と内向きなサウンドがたまらない! Kanstul Chicago Model

メーカ名:Kanstul 型式・仕様:1000 ・Silver Plate オールズからキング社の役員となったZ Kanstul氏が ”BENGE”ブランドの製作を行っていたカリフォルニア州アナハイムにある同社の工場を買い取り、退社後(80年代前半)にオリジナルブランドの生産を始めたメーカで、コパーベルのトランペットやフリューゲルなどで、ご存じの方があるやもしれません。 このモデルはカンスタルの1000シリーズ。シカゴ時代のベンジを継承、”Chicago”の文字がベルに刻印されています。 凹み修復痕はもとよりキズも全くといってよいほど見当たらず、レシーバーにメッキのハガレがあるだけの新品同様品です。「現行品」と全くといってよいほど違いが無いためわからないのですが、シリアルナンバーはなんと!4桁(現在、5万台以降の製造番号が流通)。80年代初め創業を開始していますから「オールド物」という訳ではないにせよ、結構前の製造品だと言えます。 あとレシーバーでお気づきの方があるかもしれませんが、アメリカの某所によるカスタマイズ、「何がどうなったか?」はわかりませんが、(多分オリジナル通りに)音色は暗め、コニカルでまとまりがあり、Bengeのようなやわらかさがありながら密度の濃い指向性が実感できるサウンドです。オリジナルのカンスタルとの違いをどんな風に狙ったのか定かではありませんが、全音域での音のアタリ方と鳴り方が特徴的で、エアーの入り方以上に鳴ってくる感じが、病み付きになるやもしれません。レスポンスも非常に良いのですが、吹き易さを重視して訳でもなく、パワーでひたすらプッシュしなのがポイント。その辺のクセとプレイヤー側のリクエストを上手く一致させられる方向きの楽器です。 税込販売価格¥237,600 です。

続きを読む