Category : トランペット・マウスピース

Bach “Standard” Trumpet Mouthpiece

ブランド名:Bach 型式・仕様:Standard・SP 気軽に手にできるリーズナブルな価格、クラスを問わない扱い易さ、ジャンルも問わない高い汎用性など、初心者をはじめ上級者まで愛用者が多く、トランペット用マウスピースとしてはスタンダードとも言えるメーカです。 元々(創業はNew York¬:#1)、Vincent Bach自身のマウスピース製作から始まり、そのいろいろな過程で派生したマウスピースを製品化していったことから、たくさんのバリエーションを作り出し、そのスペックが後の他メーカーへのマウスピース造りに与えた影響は小さくありません。 サイズは、No,1~20(17,5mm~15,0mm)で番号が大きくなるにしたがって内径が小さくなります。一般的には~No,10辺りまでの需要があり、中でもNo,1-1/2 No,3 No,5 No,7 No,10-1/2のニーズが特に高いようです。 バックマウスピースの基本はU字型カップ、深さがA~Fおよびアルファベットの無いものまで全部で7種類、Aが深く、Fは浅い。一般的には、設定傾向に比例した、中庸な深さである"C"からやや深めの"B"カップの方に選択肢が多くあります。 サイズと深さのすべてに組み合わせがあるわけではありませんが、カップサイズやリム、スロートやバックボアなどを組み合わせたスペシャルオーダー品も可能とか…↓ #1:創業時とその後しばらくNew York , Mt Vernon ( N,Y )に工場があった。この頃に製造されたものをオールド物と呼ばれ、現行モデルと区別する際に「ニューヨークバック」とか「マウントヴァーノンバック」と区別されています。その意味では、ニューヨークバックほどではありませんが「アーリーエルクハート」もその一つ)

続きを読む

Bach Custom Trumpet Mouthpiece

ブランド名:Bach 型式・仕様:Custom・SP バックのスタンダードマウスピースと言えば、クラスやジャンルを問わないことから気軽に手にできるマウスピース。ですが{カスタムモデル」は稀に入荷する事があっても受注がないとお目にはかかれないものです。 今回は特定サイズでこのカスタムマウスピースをオーダー、ストックしてみました、「スペシャルオーダーマウスピース」 HITOMIさん愛用(誰のことだあ?)"Bach(Standard)9D"をベースにして 1, Back Bore自体はNormal。抵抗感があり、響部分は多め。線は若干細め。ハイトーンレンジを重視したモデルですが、スタンダードとしてのバランス重視の設計。 2, アッパーレンジにポイントがあるタイプで、全体的にクリアフォーカス、比較的ムラの無いバックサウンドで音色も明るく感じられる。適度に抵抗感が感じられ、スタンダード的な吹奏感。 3, エアーがよく入り、この手の吹奏感とマッチすればコントロールもしやすく、全体的に豊かなサウンドになりますが、ミディアムレンジを重視したようなタイプ。 4, カップサイズを感じさせないくらいにエアーが大変よく入る。音色が暗く感じられ、太く豊かなロウからミディアムトーンのサウンドとハイトーンの当たり方(当て方)がイメージと異なるところが特徴的なタイプ。 5, 若干の抵抗が増えたような吹奏感にカタめで、明るく感じられるサウンド。またハイレンジでの音のアタリ方が特徴的なタイプ。 6, 全体的にエアーの入りがスムーズで、その分コニカルで豊かなボリュームが出るよう。キメの細かいクリアーなサウンドが特徴的なタイプです。 という、6タイプをストック!!

続きを読む

D. Monette Trumpet Mouthpiece

ブランド名:Monette 型式・仕様:STC & LT,XLT・GP ヘビーデューティな個性的本体と当時はその衝撃的な価格でデビューをし、大きな話題となったトランペットメーカー。 トランペットメーカをしてデビューしましたが、現在では本体よりもマウスピースメーカとしての知名度が圧倒的に高い。 楽器本体の見た目の印象(Monette Ajna Model)ほど吹奏感にむちゃくちゃに特別なクセ、インパクトが感じられるようなことはありませんが、プレイヤーが一般的に望むような音色の好みや扱い易さなどとは違うところにポイントがあるマウスピース。 「全長の補正(一般的なものより)」「大きいスロート(を標準とした事)」「モアオープンバックボア(を標準とした事)」等々、従来のコンセプトとは異なる独自の理論に基づき製作されており、それなりの効果(メーカー側の意図)を実感するには、ある程度以上の経験とコツのつかみが必要と言え、その点では価格とともに中上級者向きとも言えます。(中にはすぐ実感できるものもあります)   楽器本体からはじまり、それに合わせてのマウスピースの製作がなされており、比較的大きなサイズのヘビータイプ(STCシリーズ)がクラシックプレーヤーを中心に高い人気…というよりも、従来ではその辺りのサイズが主流でした。近年ではマウスピース自体の人気の高まりから、小さいサイズのもの、LT、MFモデルなど多岐に渡ってバリエーションを増殖、ジャンルを問わない需要の広がりを見せています。 Limited Item Monette Mouthpiece に"XLT MF2"税込販売価格¥43,200 あの「高圧電流でできている口を持つ!」と他のミュージシャンから噂されたメイナード・ファーガソンのモデルです。 スペックなど詳細は不明ですが、小さめでエクストラシャロウのカップで、いかにもハイノートヒッターの期待が持てそうなルックスです。試奏は期待以上、3octアップのハイトーンが楽しく!鳴り方も尋常じゃありません。 ミディアムからロウトーンも倍音は少な目ですが、イメージとは異なり当て難いどころか全く問題にはならないくらいなビックサウンド!!(この辺りを気にする方はおそらくいらっしゃらないとな思いますが)体感も価格も異次元の世界が待ち受ける、口元の緩む一品です。   (現在は「タイプ3」が販売)

続きを読む