Category : ミュート

Mute “Straight”

1、ストレート ベルに直接取り付け、ベル(フレアー)との開口部(隙間)を小さくすることで直接音を抑え、またミュートを共鳴させることで弱音やサウンドエフェクトを得ることができます。ミュートの中ではジャンルを問わず最もよく使用(指定)され、一般的にミュートと言えばこのタイプを指します。メタル製のものは、硬質な線の細いサウンドから、強奏時に独特の鋭さをみせるところも特徴の一つ。老舗とも言える「トム クラウン」やその発展型とも言える「ジェミニ(=トム クラウン)」や吹奏楽などで定番の「デニスウィック」新勢力の「ヤマハ」「ジョーラル」等が、よく見かけるブランドです。 また材質もアルミ製をはじめ、ブラス(真鍮製)やコパー(銅製)など全体、一部分を問わず金属製が最も多く出ていますが、ハードペーパー、ウッド、プラスチック製の物もあり、メーカーの種類が最も多いのもこのタイプのミュート。したがってサウンドの好みで選びもしますが、どちらかと言うと、曲想にプレイヤーのセンスが大きくモノをいうところかもしれません。    

続きを読む

Mute ”Cup”

2、カップ ストレートについでよく使用されるミュート。ジャズユースだとこっちの方の使用頻度が一番高いかも知れません。先端のカップの部分で直接音を受けてその反射音からストレートのような鋭さはなく、やわらかさを伴うようなサウンドになります。またカップ内の細工を工夫することにより、サウンドの調節も可能になります。また使用にあたっては、ミュートのコルク削ってベルとカップとの間隔を調整して使うのがポイント。(←自然とコルクがへたれてくるのと使用頻度の低さ、またはまったく気にしていないこともあって、ご存じの方もあまりいません) 中には「デニスウィック」のようにカップ自体が調節可能な可動式のものもありますが、取り外して「ストレート」兼用ということではなく、あくまでも先程のような理由によるもの。カップミュートの代表的なものと言えば、先程出ましたが、クラシカルな分野で人気のある「デニスウィック」や細工は二の次、ペーパー系の独特のライトなサウンドが受けている「NSL」が一般的かと…。

続きを読む

Mute Wow-Wow

3、ワウワウ 先端を手で開閉させ音色を変化させることから、このように呼ばれていますが、「ハーマン」と言ったほうがご存知の方も多いかもしれません。この手のミュートの代名詞は「ハーマン」、実はこれがメーカー名で「ワウワウ」がミュートの種類です。ベストブラス社製のものは「○○○さんのワウワウ」と言ってデビュー(現在は単に「ワウワウ」と言います)、ジョーラル製は桃のような特徴的な形で「ヴァブル」という商品名で販売されています。また真中の筒を取ると暗くコモったような音となり、どこかでよく聞くサウンドは、ジャズシーンでのトランペットではなくてならない必需品。この種類のミュートの使い手といえば、あのジャズトランペッターの巨人、M.ディビスが特に有名。  

続きを読む

Mutes For Trumpet & Trombone

ミュート(弱音器) ミュートとは、一般的には弱音器のこと。音を小さく(弱く)するためのもので、付ければもちろん音は小さくなります。その特性から考えられたものの一つが「プラクティスミュート」とよばれるもので、その効果を上手く活用したアイディア商品として(もうかなり以前の発売になりますが)ヤマハ「サイレントブラス」やベストブラスの「e-Brass」(現在ではその発展系のものを含め)など、その代表的なものといえます。 弱音としての効果以外にも、いろいろな材質(アルミ、コパー、ファイバー等)や、種類(ストレート、カップ、ワウワウなど)のものが出回っていることから、音色に変化をつけるため(BEST BRASS社ではサウンドトランスフォーマーと呼んでいるようです)の役割も大きく、こういった意味合いでの使われ方がジャズシーンでは、よくなされています。「生音、一番!」と言ってしまえばそれまでですが、専業のメーカーもあるくらいで、ブランドはもちろん材質や形など、こだわると迷いが出るほどです。 4、バケット 代表的バケットミュートと言えばニューストンライン(NSL)社製のバケツ(円筒形)状の形に3本足の付いたもので、名称は「ベルベットトーン」。大変やわらかいサウンドは、やさしく包み込むようで、バラードや「歌もの」のバッキングでは、懐かしさとともに一段とムードを引き立てます。 どちらといえば古めのジャズで使われているようで、グレンミラー楽団やデュークエリントン楽団などサックスセクションとブラスセクションのブレンド感が高いのもこういうミュートによるものと言えなくもありません、したがってビッグバンドなどのセクションで使われることがほとんどで、クラシック音楽ではもちろん、ソロで使用することは、本人がよほど強引に希望しない限り、ほとんどありません。   5、プランジャー(ピクシーストレートとともに使用することもあります) カップ状の形で、これを手に持ち、ベル前で開閉します。「Du-Wa、Du-Wa」は手軽に味わえるジャズサウンドの一つで、ジャズ等の譜面上に「+(=クローズ)」や「○(=オープン)」の印がある時がそれ。ピクシーはストレートミュートをプランジャーに隠れるよう小型化したもので、基本的には、プランジャーとセットで使用。ベル前で閉じたり開けたり‥、見た目には割と簡単そうですが、実際には「+(塞ぎ方)」や「○(開け方)」で吹き方を変えていき、その上に楽器も不安定になるため、実際にはかなりシビア、ある面ではピッチも二の次的で慣れとコツの習得が必修です。でもうまく使えばサウンドのメリハリが付き、アクションも付いて結構カッコイイかと… ニューストンライン製に、かつてグレンミラー楽団が使っていたことからその名称となったその名も「グレンミラー」というのがあって機能はほとんど同じ。これとは別にゴム製のツートンのものが「プランジャー」といいます。 その他「ハット」というものがあります。大体は同じような使い方をしますが、「もう少しラフに操作する」と思ってもらうとわかりますか…?ついでに「ハンド」、手ですることもあります。  

続きを読む