Category : ブログ

3月26日

そろそろ春本番です。 福岡城址の舞鶴公園は今年も「さくらまつり」を実施、夜はライトアップされてきれいです。 開花宣言はトップクラスで発表されましたが、ちょっとした冷え込みから満開までにはもう少し。 でも来週はあったかくなるらしく、満開になるには来週末は厳しいかもしれません。 カンパーイ!

続きを読む

11月1日

セール…といってもウチのことではありません。 もう御存知の通り、ホークスの日本シリーズ優勝セールのことです。翌日の新聞や広告は優勝セールの文字が並び、いやでも購買意欲を駆り立てられまして、けっこう楽しみにしていた方も多いはず。ところが、最近はあまり存在感がない…。中心部に行かないこともあるのだが、クライマックスシリーズだ、なんだと「決定戦」が増えたととや、数年前から勢力を伸ばしてきた「ハロウィン」なるものの影響も少なくありません。 ほんと、増えましたねイベント!10月だけでもこんな調子です、福岡なんか9月だって、でかい音楽イベントだけでも3つもあってお祭りだらけ、その間箱崎宮のお祭りもありますから、くちも財布もひらっきぱなしですな。 さて11月、もう始まっていますクリスマス、でもまだ雰囲気だけらしい。ウチでもちょっと準備中、ちょっとだけ期待してくださいね、ウチのセール!!

続きを読む

10月9日

昔から知っている中華料理屋にいきました。 夜6時から営業、場所は当時と同じ、内装も同じ、看板も同じ、息子さんが加わったがあの親父とおばさんも同じ、 定食が一つ減ったが、その定食に、でかい「拳骨唐揚げ」がついてくるのも同じ。 変わったのは値段だけ、その店も写真も秘密です。

続きを読む

9月30日

昨日から、火星に「水」の存在が取り沙汰されています。 「生命体」がいるだの、いないだのと議論がなされ、それにつれて「夢がない!」だの「非現実だ!」だのと、テレビでも相当楽しそうに議論されていました。 さて、もしいるとするならばですが、平和な生命体であってほしい!と思うのは私だけではないはず…。

続きを読む

9月20日

世間では、シルバーウィークで休みがいっぱいですが、先週は中州で"Nakasu Jazz"、その前は糸島で"SUNSET LIVE"、来週は天神で"Music City Tenjin"と音楽イベントが、いっぱい。その合間に「放生会」、ホークス優勝、(今年は早めに、今その最中の)「オクトーバーフェスタ」と福岡では休む間もありません。

続きを読む

セール

と、いってもウチのことではありません。 昨年はギリギリでしたが、今年はブッチギリでホークスのリーグ優勝が決まりました!新聞にもデカデカと優勝セールの広告が載っていますが、思いの他、浮かれたところがありません。 心のどこかであの事を思い出すのは、私だけではないはず…。そう数年前に優勝しながら、3位のロッテにあしをすくわれ、釈然としない結果にルールだからと黙り込んでしまった、あのクライマックスシリーズ。 でもとりあえず、めでたい!!

続きを読む

9月14日

秋本番、というには早すぎますが、どうも前倒し気味のような気が…。

続きを読む

9月2日

真夏の暑さはどこにいった?と、いうくらいめっきり秋の漂い… 今年はもうシーズン終盤です。   

続きを読む

8月3日

昨日はスコア3-2で日本が勝ったと思った方も多いはず…。 今のところ…安泰なのはホークスだけ?

続きを読む

7月19日 

やっと幕が下りそうな雰囲気になってきました、ギリシャ問題。 先月末にギリギリまでモメて最後は、ギリシャが「何々を抵当に入れて…」と言い、今度はEU側が「それならば、話し合いを継続して…」と(表の)数字をやりくりして当面の問題解決(うやむや)をする、翌日のニュースでは「当面の危機を回避!」という文字が出て(一応)一件落着と思い込み、先月末のコメントとなりました。 (ギリシャの)EUからの離脱を(本気かフェイントで)主張したとすれば、(多分というか絶対)ドイツ(あとオランダも言ったかも?)。フランス(登場していないがスペインやイタリアも?)は、継続審議(引き伸ばし)を主張してドイツ主導の会議を阻み、(フランスが中心の)リーダーシップを見せて仲裁する。見た目は話し合いですが、フランスも内心では「緊縮、緊縮って、やっぱりあんなキツーい生活なんてずっと続けるのはイヤだよなあ…」とそれとなしにギリシャに同情し(の肩を持ち)、ドイツ相手に「(借金を)少し負けて、おごってやれよ。(ユーロ安で)相当稼いだんだから」とスペインやイタリア)に目配せをする。(と、言ったかどうか知らないが)とにかくギリシャに頭を下げさせてドイツ(=EUぶっちぎりの経済大国)を説得し、当面の支払いを先延ばしして問題の解決を図る(先延ばしする)、というシナリオだったのに、あろうことか 「じゃあ、わかった、みんなに聞いてみてからにする」と放ったギリシャの一言に一同の目が点。「はあ~?だれに?」と誰もが思うところですが、そんなのおかまいなしに、さっさと国民投票、「ノー」をあおってあっさり否決。民主主義発祥の国とは聞いたが、その手際の良さと、これまた「では結果を待ちましょう」と「ユーロが危なくなる」というのに、結果を待つEUの連中に驚いた(あきれた)方も多いはず…。 延滞国(上手い言葉を考えますな)にも関わらず、あつかましさを通り過ぎ、理解不能の主張(要求)の強さときたら、ヨーロッパ人の気質と自分(日本人)たちの頭が壊れてないと理解ができません(一説によると「労働」は奴隷がしていた国だから働かないとも聞いた)。日本もこれくらい主張できたのであれば、今頃は世界の中心かもしれません(他が認めればですが) さてその主張が通ったと見せかけたか、それとも南ヨーロッパの連中が同情したのか、それとも単に話を面白くしただけだったのか、ギリシャのユーロからの離脱(離脱を想定した規則がないため)はとりあえず回避。(これ以上周辺で揉め事が起きてほしくないと一番願っているのは、トルコかもしれません) でも小理屈(数々の哲学者を生み出した国です)を言われて逃げられないようにするため 当然ですが、お堅いドイツがうまい具合に条件を考えました。そしてそれに乗っかりフランスがEU(ドイツ)を主導し(たふりをして)、ギリシャに(ワインを飲みながら)上手を言ってなだめ、ギリギリの交渉を続けて(続けたふりして?)ドキドキさせながら一件落着(もみ消し)、とシナリオを考えてみました。(あくまでも個人的な偏見、いや見解ですが…)   大半の意見では、全く解決にはなっていないらしいのですが、今のところ、どこの国もあまり(自分の国を)注目してほしくないような気がします。

続きを読む

7月7日

スイッチ入れたタイミングで「お!、うまい、点入れたぁ!」なんて無邪気に喜んでいたら、なんと1-4。「えー!?まだ前半の30分過ぎでしょー、」結局2-5でボコボコにされてしまった。前回、「負けるなら大量失点で…」でなんて書いたら、あろうことか現実となってしまった。もちろんワールドカップのことですが、なんだかんだと言っても面白くない、もちろん点差に限らずです。 さて海を渡ったギリシャ問題、なんだよ「延滞国」って?

続きを読む

6月29日

際どいところだが、日本が勝った!もちろんサッカーのことである。 今でこそ、少しは「なでしこ」のメンバーも言えるようになったのだが、(初めて知った)5年前には「なでしこ」どころか女子ワールドカップある事さえ知りませんでした。 快進撃を続けていますが、個人的な思いで言うと「1点差で逃げ切り」という勝ち方大変いい。ヒヤヒヤしてスリリングに思うかもしれませんが、相手からするともう少し何とか(勝てそうな)なりそうな気になるだけにそのまま「終了~!」というのはちょっとショックが大きいと思うからです。 男子ではよく味あわされた思いなので、こんなふうに思うのだが、もし負けることがあるなら、大量失点がありがたい…(もちろん負けるのはありがたくないが…) さて、大西洋を東に飛んでギリシャ問題。 当初の見込みでは、EUの会議でギリシャがわがままを言い、それにEU(主にフランスとドイツ)が説得工作。会議はモメにモメて「デフォルトかぁ?」と、世界をドキドキさせながら土壇場で合意!「なーんだ、結局何にもないじゃないか」という楽観論でしたが、どうもそうではないらしい…。 では、「デフォルトだぁ!」となったからと言って、リーマンショックみたいになるかというとそこまで悪化するとは思っていません。ギリシャの問題はすでに数年前からあった話で、当時は「アイルランド、スペイン、イタリアもぉ?」なんて状態だったため、なんとか収拾しないと、みんなが危なくなるから、「あ、そう」なんて言えなかったのです。すでにみんなその時に備えて準備はしているだろう、というのが大抵の人が考えだろうから、先ほどの見解となったわけ。 さて対ユーロが円高に振れて為替や株などに少しは動きがあり、その道の人には面白い展開かもしれませんが、ウチには全く関係の無い話、投資対象は変わらず本業の楽器のみ、「できればもう少し為替が円高に振れて!」と願ってみたりもしますが、こっちはもっと思うようにはいきません。

続きを読む