特急「宗谷」に乗って、バスにも乗ってみた、のーその後

4時間半もかけ、4000円の運賃でバスで移動したわけですが、単純に移動するだけなら言わずもがな鉄道です。ローカル列車でも時間は6割、運賃も7割がた、景色のプレミア感といい、バスへのこだわりと「別ルートを…」なんて考えなければバスの選択肢はありません。
しかるになぜバスを選択したかというと「最近路線バスにハマって……」ということもありますが、「おいしいものでも食べながら…」と、ローカル線を楽しもうと思うにも都合の良い列車が無いのだ!
前回の「宗谷」は折り返し「サロベツ」となって出発、次も(といっても夕方発です)札幌行きの特急で、それに乗って途中下車ではもったいない。その後にやっと普通列車の出発で、そいつで音威子府に行けてもソバどころか、こんどはそこか名寄に一泊することになる。翌日の特急か普通に乗り継いで帰ることにすれば札幌到着は昼頃か……。時間と予算を無視すれば、優雅で変態的な旅となるところだが、台湾とシンガポールの海外旅行じゃあるまいし、目的の割には相当大袈裟で大味(ぜいたく)な話だ。

昔(国鉄時代の相当昔の話で申し訳ないが)だと、(有名な)旭川行き322列車に乗って「カニ飯」をお供に広大な「らいし」風景に満足し、長時間の停車時間でも駅ソバを食べて、有り余る時間を感じさせなかったものだが、感じ方の変化や環境お変化からその頃と同じなわけはない。

どうして前回みたいな事になるのか?というと、ローカル線における根本的な問題があるからである(なんだか重々しい話に…)札幌と各主要都市を結ぶ道内各線にあって宗谷線は近年まで特急が走らなかった線区、旭川以北の大きな街というと士別、名寄あとは終着の稚内というところで、どこも人口2~3万人規模の都市だ(石北線だって似たようなものだが…)。沿線は北海道らしさが満載だが、沿線に人の動きを作ったり観光客を定期的に呼び込むには弱く、特急を必要とされるほどの往来(理由)が無かったからだろうか、路線強化に踏み切れなかったようだ。
さてさて、そんな社会問題にして語るほど、ローカルに詳しいわけではないので、