ワールドカップ

下馬評を撥ね退け互角に渡り合っている日本代表。
パス回しの早いの遅いの、長いの短いの、サイドチェンジなど飽きさせない展開は、前回とは全く違う試合運びに時間を忘れるほどでした。

にわかファンながら、前回に比べて試合観戦に相当な力が入ったのは事実で、細かい戦術だの、玄人好みの駆け引きなどを語るつもりは毛頭ありませんが、「こりゃー面白い(スゴイ!)」と思ったのは競り合いというかボールの奪い合いです。テレビの全体画像でははっきりしないところですが、アップシーンで見てみると相当おもしろい!競り合いとかの話じゃなくて、相手の腕を両手で掴み(抱え込み)並走、フォークダンスの「オクラホマミキサ」でもここまでベタつかんやろう?柴崎、とか、体をさわるレベルではなく、両手で抱きつく「コナキジジイ」の長友、イエローはもらったが、追いつけないと見るや両手で背中を突き飛ばす乾など、ナイスプレイを連発し、見ていても釘付け、笑いが止まりません。
ラグビーが紳士に見えるほど、海外で活躍する連中や「おじさん」言われた経験豊富な選手たちのすごさをちょっと見せられたような気がしました。

さっきはやった方だが、今度はされた(フリをした)方の話。ブラジル対コスタリカの試合見た人はわかったかもしれませんが、コスタリカはとにかくディフェンスに力をかけ、ネイマールなど絶対シュートさせない体制です。過去の対戦では日本と同じ1勝しかしていない相手「引き分けだったら勝ちに等しい」と思うのも無理はありません。しかし一方のブラジルは、この試合も引き分けてしまうと決勝トーナメントがきつくなる上、もし?なんて彼らのプライドも許すはずがありません。
ネイマールもそれを感じたか、ここぞとばかりにタイミングを見計らい、派手に両手を広げて(いかにも)倒されたように見せかけましたが(PK狙いをVARで検証)あえなく失敗。吉本新喜劇でもやらないだろう、そんな猿芝居、思うようにならない終盤の苛立ちは、彼を物語るようでした。結果は相手が力尽きブラジルの勝利となりましたが、ランキングや個人プレイが長けているからといって必ず勝てる訳ではないところがワールドカップの面白いところでもありこわいところかもしれません。

次の試合もファールをもらわず恨みもかわない程度に、「掴む」「抱きつく」「突き飛ばし」て勝ってもらいたい!