ストレートサウンドが強烈だが、どこかに漂うセピアトーン!

ブランド名:Schilke
型式・仕様:B-5・GP

シルキーにおけるトラディショナルな”B”シリーズで、1970年代半ば製造の「オールド物」、シリアルナンバーが1万台は、R,O,シルキー在りし日における晩年の一本です。ML Bore , ML Bellという比較的よく出回っている、スタンダード(中庸であるところの)と言えるコンビネーションで、モデルは”B5”
ナンバー打ちのピストンがオールド物を証明していますが、バルブケーシングの“Schilke”の刻印、小さめの延べ座など細かいパーツの違いの他、パッと見に現行機種との大きな違いも見られず、そんなところにも基本設計の高さが伺えます。

製造から40年程度が経過、ゴールドプレートも退色した部分や「ニキビ」あるいは下地のシルバーが見えたり、小さなすりキズはありますが、ピストンや抜き差し間の機密性や外観を含む、凹み、ハガレ等大きなダメージが全くなく、紳士的に扱われた日々が感じられます。管体の洗浄、各部調整とライトなチューンナップを少々行っておりまして、主観ですが良い感じに仕上がっています。「オールド物」であるが上のポイントのタイトさが存在するところですが、そこの所を上手にヒットさせ、うまく手懐ければ、いにしえの暖かくスウィートな音色と今につながるシルキートラッドのストレートサウンドを味わって頂ける一品です。

R.O.Schilkeの在りし日、晩年の作品でシリアルナンバーは5桁、おそらく70年代はじめから半ばの頃製造と思われます。
税込売価¥378,000です。