D. Monette Trumpet Mouthpiece

ブランド名:Monette
型式・仕様:STC & LT,XLT・GP
ヘビーデューティな個性的本体とその衝撃的な価格でデビューをし、大きな話題となったトランペットメーカー。

楽器本体の見た目の印象(Monette Ajna Model)ほど吹奏感にむちゃくちゃに特別なクセ、インパクトが感じられるようなことはありませんが、プレイヤーが一般的に望むような音色の好みや扱い易さなどとは違うところにポイントがあるマウスピース。
「全長の補正」「大きいスロート(を標準とした事)」「モアオープンバックボア(を標準とした事)」等々、従来のコンセプトとは異なる独自の理論に基づき製作されており、それなりの効果を実感するには、ある程度以上の経験とコツのつかみが必要と言え、その点では価格とともに中上級者向きとも言えます。(中にはすぐ実感できるものもあります)
 

楽器本体からはじまり、それに合わせてのマウスピース製作からか、比較的大きなサイズのヘビータイプ(STCシリーズ)がクラシックプレーヤーを中心に高い人気…というよりもその辺りのサイズが主流でしたが、近年ではマウスピース自体の高まりから、小さいサイズやLT、MFモデルなど多岐に渡って製作され、ジャンルを問わない需要の広がりを見せています。

Limited Item
Monette Mouthpiece に”PRANA XLT MF2″税込販売価格¥54,000
あの「高圧電流でできている口を持つ!」と噂されるメイナード・ファーガソンモデルです。
詳細は不明ですが、見た目はエクストラシャロウのカップで、いかにも期待が持てそうなルックスです。試奏は期待以上、3octアップのハイトーンが楽しくヒット!鳴り方も尋常じゃありません。
ミディアムからロウトーンも倍音は少ないものの当て難いことはありませんが、この辺りを気にする方はおそらくいらっしゃらないはず…。体験も価格も異次元の世界が待ち受ける、口元の緩む一品。(残念ですが、このタイプの在庫は無くなりました)
 

(現在は「タイプ3」に変更されているらしいのですが、「2」自体が廃盤なのかそれと並行生産なのかはわかりません。今のところストックのみの販売を予定)