YAMAHA “Wayne Bergeron” Model Report

YTR 8335 LA “Wayne Bergeron” Model
前回に続き、今回も「ヤマハ」のカスタムトランペットのレポートです。第4弾はこれ!YTR-8335 LA、「ウェイン バージェロン」(監修)モデルを取り上げてみました。では早速レポートしてもらいましょう。

YTR-8335LA Front Side YTR-8335LA Back Side

**まず、仕様を説明してもらえますか?
まずリードパイプがゴールドブラスを使用した” (YTR8335)LA”用のオリジナルのようです。ボアは、ミディアムラージボア、メインチューニングは支柱の付いたタイプになっていて、” (YTR8310)Z”のようなリバースタイプではありません。あとメインチューニング管ですが、インレット、アウトレット共にインナーパイプの管厚が薄く、一見したところではライトウェイトみたいに見えますが、ピストンの枝管の方は、(ゼノと同様)従来の肉厚で作られているようなので、ライトウェイトを意識している訳ではなさそうですね。おそらくこの部分にLボアを使っているため、結果そのように見えている(している)のではないかと思います。
ベルは、カタログデータですが、”Z”と同じの”A”タイプ、直径127mmなので”(YTR8340)EM”モデルほどではありませんが、(ゼノに比べてだと)ほんのちょっと大きめです。でもライトウェイト仕様の”LA”モデル用のオリジナルみたいで、ベル縁を弾くと(他のAタイプベルと比較して)高めに響きますね。
他には”Z”同様このところヤマハではトレンドとなっているフレンチビート、継ぎ目を内側にして、そこにリンケージを取り付けるヤマハ独自のサイドシームを採用しています。
まあリードパイプを含めて具体的な形状や数値的なものは公開されていないので詳しいことはわかりませんが、期待が持てそうですね。

YTR-8335LA Main Turning Slide YTR-8335LA Main Turning Slide is L Bore

**外見とか持った感じ‥第一印象とかは、どうですか?
本体の方はバルブケーシングをはじめとして、各チューニング管のレシーブ側もブラス材を使用しており、パッと見には濃いラッカーがGPみたいです。持った感じだと、うーん…(ヤマハの)カスタムクラスの中では軽め方かな?他にはと言うと、バルブガイドはプラを使用、先ほど出たメインチューニング管の支柱がニッケルシルバー製、1stにカニ目が一つ、3rd管のリンケージが2つと基本設計は型式(YTR-8335)にあるとおりXenoの延長線上にあるようです。
ただ見た目からは、あの「ウェイン バージェロン」なんて想像がつきません。

YTR-8335LA 2nd Turning Slide & Valve Casing 右側が2番管 YTR-8335LA Valve Casing & Pistons

***では、試奏して吹奏感とかその辺は、どうでしょう?
(ヤマハの楽器にしては)抵抗が少ない方…かな?スムーズっていうのか、エアーがよく入ります。でも「持っていかれる、取られる」という感覚はありませんね。エアーの入る量(以上?)に比例して鳴ってくる感じなので、その辺にストレスを感じるところは全くありません。メカニカルなところでいうとベルもそうですが、オリジナルリードパイプとLボアで取っているメインチューニング管の組み合わせがこの楽器の吹奏感に影響しているのではないかーと思いました、とにかく気持ちよく吹けます。ハイトーンもそうですが、ロートーンもこんな風に!(と、ジェスチャーで)。
あと当然と言ってはなんですが、レスポンスも非常に良いですね。

YTR-8335LA 3rd Turning Slide & Main Turning Slide YTR-8335LA LH Valve Casing

***なるほど。その他に特徴のようなものはありますか?
従来のヤマハにおけるイメージがかなり変わりました。好みかそうでないかは別として、2スト(#1)みたいにアクティブでマイク乗りの良いサウンドがパラダイス!です。

***なんですか?それ?
音色がラスヴェガス!…失礼しました。ブライトいやブリリアントかな?その鳴り方にかなりの派手さがあるのでそんなふうに言っちゃいました、パラダイス!もちろんただ派手なだけでなく、プレーヤーの方向性からミドルやロートーンのサウンドを上手く使えば、ソロも十分おもしろそうですし、マウスピースとかを工夫してみるとまた違った顔がみえるかもしれません(実際、彼は両方をこなしているプレーヤーなので)。でもこの楽器はライトチューニングエボリューションらしく、よりハイトーンのアタリ方が際立っていて、リードプレイなんかがとても面白く、僕はこっちを押してみました。オリジナルですか?

***はい、コテコテというわけではありませんが、全体的に変わっていると思います。ただハイトーン(のアタリ方)レンジはかなり良くなっているはずなので、その辺りを意識すると気が付かれるかもしれません。
うーん、確かにそんな感じですね。

***最後に何か一言お願いします。
この楽器の場合、オリジナルのキャラクターを生かしつつ、本来のLAよりシャープに仕上がっているみたいなので、方向性を絞った使い方がより楽しそうですね。皆さんも体験してみてください。

ありがとうございました。

#1:内燃機関における2ストロークエンジンのことで、バイクにおける単気筒エンジンの吹き上がりの良さを体験したことがある方ならわかって頂けるかもしれません。